ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さまおはこんばんにちは。
今田ずんばあらずです。

先日2月12日におこなわれたコミティア119に参加いたしました!
参加された方、うちのサークルに遊びに来てくださった方、
お疲れさまです&ありがとうございました。


さてさて今回は戦利品の紹介と当日の広報について、
それからドジョウ街道宿場町結成以後、最大頒布数を更新いたしましたので、
この件についてもお話したいと思ってます!



まずは戦利品の紹介です!

戦利品コミティア119-2



サークル:桜華亭(おうかてい)
URL:http://owkwatei.web.fc2.com/
作品:SYSTEM(序) ポーチ(ジャックフロスト)
作者:サクラカエン。

ツイッターでいつもお世話になってる方です。
コミティアでなくお隣西館で催されていた「アナザーコントロール5」での作品です。
(ティア感想記事の初っ端に別イベントの戦利品を紹介する投稿者の鑑)
ヤマトチャンカワイイと、幼年時代の友・ジャックフロストくんが欲しかったんだ、欲しかったんだ……!


サークル:スタジオヒトリガトリエ
URL:https://twitter.com/ojigen08
作品:灰燼 Kai_Jin
作者:小宇治衒吾

今回合体参加した相方のサークル。
新作の冒頭を収めた無料配布本。イラストは『イリエ』でもお馴染みのkagatiさんpixiv
衒吾氏の作品は毎度毎度ネーミングが上手くて好きだから今回も期待してる。


サークル:魔女っ子サバス
URL:http://lifulu.shop-pro.jp/
作品:刺繍バッヂ(歌幡メイジ)
作者:リフルシャッフル

イラスト縫いという超技術を使った刺繍サークルさん。生地もしっかりしていて、値段もお手頃(500円)。
前回イベント「妖怪おろしがね」でご一緒させてもらった縁もあったので、遊びに行ったのでした。
バッヂ以外のグッズ(ブックカバーやコースター等)もあって、非常に興味深いのであった。
『イリエ』グッズを展開するのもアリなのではないか……?


サークル:虚事新社(そらごとしんしゃ)
URL:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%8B/56
作品:田舎へ旅を
作者:田端農耕地

「田舎」「旅」というワードで買うしかないと思ってしまった。
イリエ』書いてるしね、仕方ないね。
体裁もよく、その他シンプルだけど興味そそられる作品タイトルがいくつか見られて、内容が気になる。


サークル:白くまっちゃ
URL:https://twitter.com/shirokumattcha
作品:最初の人間 Cute is Justice
作者:著者

『最初の人間』のロゴ好き
ジャンルにとらわれない作品を書く方なので、結構気になってたのである。
氏とお話していて、作品制作に関する考え方も面白いと思ったのだった。



戦利品紹介は以上です。
『灰燼 Kai_Jin』以外の同人誌はみんな文庫サイズなのが印象的ですね。

5年前(積極的に即売会参加するようになった頃)と比較すると、
文庫作品を出す文芸サークルが増えてきたのかな、と思います。
(まだカバー付き作品は少ない印象ですけどね! ロマンがあるがね!)


いつもは2、3度席を外して会場を巡るのですが、今回は1度しか巡れませんでした。
注目してた作家さんのスペースをいくつか見逃していたのが悔しい。



さて当サークルですが、
『イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~1』が好評で非常に嬉しいです。
カクヨム:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364

新刊告知コミティア119

今回のビラは、シンプルにしてみました。


文フリ京都ではもっと文字が多く、両面印刷を行っていましたが、
今回は片面印刷のみ。
裏の字が透けないので、イラストが映えますね。


新刊告知京都文フリ
新刊告知京都文フリウラ
※参考:前回作成のビラ(オモテ/ウラ)
・タイトルロゴ変更
・キャッチコピーを強調
・情報量をコンパクトに。


設営コミティア119

スペース設営に関しては既存のPOP広告等を再利用しました。

新規作成はスペースNo.記載用のPOP(写真左下)のみです。

うちのサークルの前を通る方の大抵が、自身のサークル以外の場所を求めているわけで、
そんな方たちがなにを欲しているのかといえば、
「ここがどこなのか」
だと思います。

スペースNo.はイベントにおける住所ですんで、
通行者からするとスペースNo.を記載してるサークルはありがたいのです。

ってツイッターで読んだ。

ただ、スペースNo.を載せるだけじゃ味気ないので、
依利江のカットを入れました。
ちょっとでもイリエのこと知ってもらいたいですからね。



それから、個人的に気になることがあります。
広報の積み重ねとそれに対する頒布数の変化に関してです。

そいつを鑑みるために、イベントごとの頒布数を見てみましょう。
合計頒布数は、『イリエ』以外の作品も含めた頒布数です。


2016/10/23 コミティア118
『イリエ』頒布数:5
合計頒布数:7

2017/1/22 文学フリマ京都
『イリエ』頒布数:6
合計頒布数:12

2017/2/12 コミティア119
『イリエ』頒布数:9
合計頒布数:14

※1月末の『妖怪おろしがね』は別作品を推していたため、省略します。



当初から『イリエ』は広報に力を注いできましたが、
イベントを重ねるごとに頒布数を増やしているのが興味深いです。

普通、(商業含む)作品というものは刊行されて月日が経つにつれて
売上げは落ちていくもんだと思ってました。

『イリエ』はどこか違うらしい。


特に10月の前回コミティアと先日の今回コミティアに注目してみると面白そうですね。

10月当時『イリエ』はカクヨムで毎日連載を続けていて、
さらに「新刊」という強みもあったのに、
頒布数は今回の約半分だったことにびっくりしました。

自分が地道に広報を続けていたのもそうですが、
宣伝スキルの向上、読み手側からの感想や口コミ等が積み重なった結果、
より多くの方から手に取っていただけるようになったのかもしれません。

うーん、読んでくださってありがとうございます。


今後『イリエ』2巻(5/6コミティア120)、3巻(6/11文フリ岩手)が続けて出ますので、
そしたらまた違う傾向があらわれるのかもしれません。


同人イベントにおける売り上げや売上数を公開しているサークルさんは非常に少ないです。
1次創作文芸のデータは特に。
隗より始めるのとは若干違うかもしれませんが、ぜひご参考に。



今後の予定

2/26(日) 複合型イベントとりろじ【東京都浅草】 妖怪卸河岸 配置No.01 サークル名「おにこくらぶ」
とりろじ:http://torilozi.com/
妖怪卸河岸:http://yokaioroshigashi.tumblr.com/

3/11(土) カクヨム 『イリエの情景』再開
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364

3/19(日) 本の杜(予定)【神奈川県川崎市】
http://ivent-hon-no-mori.com/
※不参加の可能性が高いです。


4/1(土) Text-Revolutions【東京都浅草】
http://text-revolutions.com/event/

4/16(日) 文学フリマ金沢
http://bunfree.net/?kanazawa_bun03

4/30(日) 名古屋コミティア
http://nagoya-comitia.daa.jp/

5/6(土) コミティア東京120 イリエ2巻
https://www.comitia.co.jp/

5/7(日) 文学フリマ東京
http://bunfree.net/?tokyo_bun24

6/11(日) 文学フリマ岩手(予定) イリエ3巻(完)
http://bunfree.net/?iwate_bun02

7/16(日)みちのくコミティア(予定)【福島県郡山市】
http://www.adv-kikaku.com/comitia

8月 コミックマーケット92(予定)
http://www.comiket.co.jp/info-a/C92/C92info.html

9/18(月祝)九州コミティア(予定)【福岡県北九州市】
https://www.q-comitia.com/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%83%85%E5%A0%B1/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A201/
皆さんおはこんばんちは。昨日に引き続きまた雪が降って参りました。
今田ずんばあらずです。



先月末に下北沢でおこなわれたイベント
妖怪おろしがねに参加された方、お疲れ様でしたー。


このイベントで、奇跡的に

「鬼 on the ばあすでぃ」
完 売
いたしました。


hyoshidesuyo.png

手に取って下さり、本当にありがとうございました!


イベント前は、
超どマイナーなイベントで(しかも一般参加者が本当に一般な方ばかりのイベントで)、
果たしてどれだけの作品をお渡しできるのだろうかと
ヒヤヒヤしておりました。

しかしながら、フタを開けてみるとあらビックリ。


なんやかんや京都文フリとほとんど同じくらいの作品をお渡しできたのでした。

妖怪おろしがねすごーい!



あれこれ思い出深いエピソードがいくつかあるのですが、
これを語るとなかなか本題に落ち着けないゾ。



というわけで、

次の日曜日に開催される「コミティア119」に参加します。



イベント名:コミティア119
https://www.comitia.co.jp/html/schedule.html
年 月 日:2017年2月12日(日) 11:00~16:00
会 場 名:東京ビッグサイト東5・6ホール

サークル名:ドジョウ街道宿場町
スペースNo:ま28b


おなじみ創作オンリーイベントですね。
いつもお世話になってます。

今回の「ドジョウ街道宿場町」は、

なんと新刊がございます!


まいにちずんばhyoshi


まいにちずんば

今田ずんばあらず、
初の個人イラスト・マンガ集です。

※コピ本です。


ジャンル:イラスト・マンガあれこれ
書籍サイズ:文庫本(A6)
総ページ:8ページ
価格:100円
発行部数:10部


果たして需要があるのかどうか、自分もです。
試験的に10部、おうちでぷりんとあうとしました。
たった今刷り上がりました。


サンプル(スクショ)

まいにちずんば

絵メインの本は初めてなので、手探り状態でございます。


反響があれば、第2、第3の「まいにちずんば」を作っていきたいと思っておりますので、
なにとぞよろしくお願いいたします。



また、イベントに参加すると必ず1部は売れる伝説の書、

『自転車で関東一周してみた。~十三日間の記録~』

hyousi.jpg

残り1部です。

ジャンル:紀行文
書籍サイズ:A5
総ページ:110ページ
価格:500円
在庫:1部


旅好きな方はお見逃しないよう、よろしくお願いします~!



もちろん、『イリエの情景1』もありますっ!

hyousi.png

ZURE イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~1
ジャンル:被災地青春ロードムービー
書籍サイズ:文庫本(A6)
総ページ:240ページ
価格:1000円
カクヨム:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364


たくさんの反響、ありがたい限りです。
(テンション上がってめちゃくちゃツイートしてて申し訳ないです)

5月に新刊を出すので(まだ本文書けてないけど)、楽しみに待ってくださいませ!





とまあ、なんだかまとまりのない告知になってしまいましたが、

2月12日(日)のコミティア119、

ドジョウ街道宿場町「ま28b」です。

お時間よろしければ、ぜひとも遊びに来てくださいね!



今後のイベント参加予定

2/26(日) 妖怪卸河岸【東京・浅草 複合イベント『とりろじ』内にて】 配置No.01 サークル名「おにこくらぶ」
http://yokaioroshigashi.tumblr.com/

3/19(日) 本の杜(予定)【神奈川・川崎】
http://ivent-hon-no-mori.com/


4/1(土) Text-Revolutions【東京・浅草】
http://text-revolutions.com/event/

4/16(日) 文学フリマ金沢
http://bunfree.net/?kanazawa_bun03

4/30(日) 名古屋コミティア
http://nagoya-comitia.daa.jp/

5/6(土) コミティア東京120 【イリエの情景新刊】
https://www.comitia.co.jp/

5/7(日) 文学フリマ東京
http://bunfree.net/?tokyo_bun24

6/11(日) 文学フリマ岩手(予定)
http://bunfree.net/?iwate_bun02

8月 コミックマーケット92(予定)
皆さんおはこんばんちは。今田ずんばあらずです。
先週は京都でイベント、今週末は下北沢でイベントです。

イベントイベントな半年になりそうです。
イリエの情景』の原稿いつ書けばいいんですかね……。


イベント名:第2回 ご当地☆妖怪書市【妖怪おろしがね
http://yokaioroshigashi.tumblr.com/oroshigane
年 月 日:2017年1月28日(土)/29日(日) 11:00~17:00
会 場 名:下北沢駅前 一番街商店街『しもきた天狗まつり』内
http://www.shimokita1ban.com/
        28日 下北沢東洋百貨店内
        29日 真龍寺境内

サークル名:ドジョウ街道宿場町
スペースNo:28日 08
        29日 06


「妖怪」「ご当地」このふたつがキーワードのイベントです。
それらにまつわる小説やマンガ、手芸、コスプレなどなど、
あれやこれやが勢ぞろいなのでございます。

このイベントには初参加なので、自分も詳しくは分かりかねますが……。
駅前で催されるおまつりの一環なんだと思います。
平塚七夕まつりやってる平塚銀座通り内で、フリーマーケットやってるような感覚なのかもしれません。
(とても分かりづらいたとえ)

1日目(土)は東洋百貨店さんのなかでやるようですが、
2日目(日)はお寺の境内なので、防寒装備があったほうがいいかもしれませんね。


今田ずんばあらずのサークル、「ドジョウ街道宿場町」は、

表紙

っ娘ちゃんが主人公の小説を
デデンと全面に押し出してみようと思います……!


【編纂】日本鬼子さん
ジャンル:和風ファンタジー小説
書籍サイズ:A5
総ページ:210ページ
価格:700円

主人公日本鬼子は、紅色の着物に薙刀を持つ、強くてカッコいい女の子でございます。
心にすまう悪い鬼たちを「萌え散れ!」と一刀両断する、
スカッとする作品に仕上がってます。

鬼娘だけでなく、ショタわんこ白狐っ娘熟女系猫又変態擬人化妖怪オタ女子高生などなど、
さまざまなキャラクターが活き活き動いているので、
キャラもの和風ファンタジーがお好きでしたらぜひご覧になってくださいな!
そして反響があったら続き書きます。



また、鬼子関連で、

hyoshidesuyo.png

謎キャラクター……もといずんば画伯が描いた鬼子さんが表紙を飾る(自虐)、
鬼子生誕2周年本もございます!


鬼 on the ばあすでぃ
ジャンル:着物な鬼っ娘好きが集まってなんかできたマンガアンソロジー
書籍サイズ:A5
総ページ:32ページ
価格:100円

こちら、4コママンガアンソロジーでございます。
表紙にわされてはいけません。
その薄い本並に薄いところをってはいけません。
たったの100円……値段を見ててはなりません。
ほんとおねがい。

内容は、あまりにも、あまりにも濃いのでございます。
今や鬼子ファンの伝説となった絵描きさんの数々が、
この薄くてふざけきってるように見えるこの作品には収録されています。
「日本鬼子」をご存知でない方も、
またあまりに知りすぎてしまった方も、
この1冊を読むだけで様々な思いに浸ることができるでしょう。



「【編纂】日本鬼子さん」「鬼 on the ばあすでぃ」も、
どちらも自信を持って楽しむことができるかと思います。

まあちらっと読んでみてくださいな。



hyousi.png

好評頒布中イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~も持っていきますよ!
先日の『文学フリマ京都』でお渡しした方からも、感想をいただきました。
本当嬉しい、嬉しい……みなさんもっと感想くだすっていいのですよ…… #まずは自分から発信しなさい
感想いただいたからにゃあ、続き書かなきゃなあ。


そんなわけで、
下北沢駅前でおこなわれるイベント

『妖怪おろしがね』

ぜひ皆さん遊びに来てくださいね!!




今後のイベント参加予定

2/12(日) コミティア東京119 スペースNo.ま28b
https://www.comitia.co.jp/

2/26(日) 妖怪卸河岸【東京・浅草 複合イベント『とりろじ』内にて】
http://yokaioroshigashi.tumblr.com/

3/19(日) 本の杜(予定)【神奈川・川崎】
http://ivent-hon-no-mori.com/

4/1(土) Text-Revolutions【東京・浅草】
http://text-revolutions.com/event/

4/16(日) 文学フリマ金沢
http://bunfree.net/?kanazawa_bun03

4/30(日) 名古屋コミティア
http://nagoya-comitia.daa.jp/

5/6(土) コミティア東京120
https://www.comitia.co.jp/

5/7(日) 文学フリマ東京
http://bunfree.net/?tokyo_bun24

6/11(日) 文学フリマ岩手(予定)
http://bunfree.net/?iwate_bun02

8月 コミックマーケット92(予定)
皆さまあけましておめでとうございます(社交辞令)
今田ずんばあらず、今年2度目の更新です。

最近ブログでは
『被災地あるこ~東北ちょこっと旅レビュー~』ばかり書いているので、
日記更新は久しぶりだあ!


今年の目標は『進化するイリエ』
『イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~』とともに、
自分も成長していくぞい。
読んでくれたらその糧になるんだけどなあ(チラチラ):https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364


で、サブミッションとして
『イベントにたくさん参加する』
というわけで、昨年は怠けまくっていたので
今年は全国各地を
めぐめぐ巡りん♪巡りんぱわー☆
していきたいと思います!





こういうサムいネタを定期的に使いつつ。


さてさて先日1月22日に
「文学フリマ京都」が開催されました。

ずんばにとって関西遠征は初です。
というか、関東圏外のイベントに出ること自体初めての試みでしたね。

せっかくたくさんのイベントに出るわけですから、各イベントの感想くらいは書かなくちゃね。
遠足だって、帰って翌日の学活の時間に感想文書いて先生に提出するまでが遠足ですしね。
そんな苦行みたいな遠足はいやだ。


イベント名:第一回文学フリマ京都http://bunfree.net/?kyoto_bun01
年 月 日:2017年1月22日(日)
会 場 名:京都市勧業館みやこめっせ 地下第一展示場(http://www.miyakomesse.jp/

サークル名:ドジョウ街道宿場町
スペースNo:え-03


文フリ京都自体が第一回、自分も関西初遠征だったので、
正直どんなイベントになるのか不安でした。

一番のネックは、
最新刊『イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~1』が
東北の津波を扱っているところ。


hyousi.png
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364

京都から宮城県石巻市(『イリエ』で最初に訪れる場所)まで
直線距離にして約600km

仙台からは在来線を使わないと辿り着けないので、
一層体感的な距離は離れていると思います。

そんな僻地に関心を持ってくださる方がいらっしゃるのかどうか。
売上0部。
まああり得るな、と冷静に考えておりました。


とはいえ誰にも知られぬまま京都をあとにするのは、
さすがに京都のことを嫌いになりかねないので(とばっちり)、
きっちり予防線を張っておくことにしました。

予防線というのは要するに告知です。

「誰にも知られぬまま終わるのが怖かったら、事前に知らしめておしまい!」
そんな暴論じみた単純な発想です。


では早速文フリ参戦のツイートを……

いやいやその前に。



そもそもうちのフォロワーさんの中に
『文学フリマ京都』の存在を知っている方がどれだけいましょうか?

哀しいことにこの「文学フリマ」、一次創作文芸クラスタには知れ渡っておりますが、
それ以外の方はほとんど知らないのではないでしょうか?

コミケやコミティアとは違って非常にマイナーなイベント。
それも京都で。
さらに第一回。


というわけでまずは、『文学フリマ京都』があるということを告知しました。




自分もツイートしますが、
それよりもむしろ公式さんや他のサークル参加者さんのツイートを
リツイートすることに重点
を置きました。

自分もサークルチェックがありますし、
連続RTを目撃したフォロワーさんも
「なんか知らんけどそういうイベントがあるんだ」と感じるわけです。


そのあとで、自分も参加する、ということを告知します。







WEBカタログを見ればどんな作品を持ってくのか分かりやすくていいですね。

カタログは、
1、丁寧に
2、わかりやすく
3、見ててわくわくする

 ように書いてみました。
実際どう感じるかは不明ですが……。


とはいえわざわざリンクをクリックしてチェックするような方は、
すでに8割方イベントに参加しようと考えてる方
だと思います。

自分は関西初出店ですんで、
とにかく新規開拓に力を注がなくては1部もお渡しできない可能性が高い。

なので、とにかく文フリ京都に関係する自分のツイートをRTしまくりました。
これは自分の作品宣伝と同じ用法ですね。

自分のツイートなんて普通誰も見てくれないので、とにかく量を重視しました。

上2つのツイートに加えて、『イリエ』本文サンプルが読めるツイートの3つを中心に、
できれば朝・正午過ぎ・夕・晩の4回。
ミュートもリムもブロックも怖くない(震え声)

内容で気を遣ったのは、
「どの作品がサークルの顔か」を意識
したところでしょうか。

今回は新刊がサークルの顔なので、
ツイートもなるべく依利江の青色が目立つようにこころがけました。



※左に立つ青い服の女の子、彼女が主人公依利江。


それから、わざわざ文フリ京都へ参加してくださった方のために、
スペースも一目で「サークルの顔」が分かるよう、イリエっぽい感じまとめてみました。

文フリ京都設営2
※『イリエ』のL型配置(勝手に命名)

この配置にすると必然的に他作品を目立たなくさせることになりますが、
それはしゃーないと割り切ってます。


読んでほしいですけど、いや本当名作ぞろいですけど!(宣伝)


でもそれは今回のイベントでなく、
これ以降のイベントで触れていただければなと。

そもそも1作品も受け渡しできなければその可能性すらないわけですしね!


普通に歩いてるだけで
「このサークル、タイムラインで見たことがある!」
少しでも思わせることができたら、告知は大成功です。

その人にとって、
「まったく無名、会場の風景に溶け込んだサークル」から、
「なんか見覚えのあるサークル」へジョブチェンジを果たせたわけです。


それから最後、声掛けにもひと工夫しました。
自分はいつも道行く参加者へ
「どうぞご覧になってください」と声掛けしていますが、

今回はそのあとに「被災地を旅する小説です」と付け加えることにしました。

自分はフォロワー1000人満たない弱小ツイタラーなので、
当然参加者のほとんどは
自分のことを知らないままイベントに来ているわけです。

「被災地」というワードで足がとまる方が多くいらっしゃいました。
(やはり、気にしている方が大勢いらっしゃるということでしょう)

若干禁じ手な感じもありますが、
ほんの一瞬でもうちの作品に関心を向ける時間(出会い)を頂けたのは嬉しいことです。


歩いてると、POP広告やポスターを見ても、
なにが書いてあるのか読み取れないことが多々あります。
なので、「どんな作品を扱っているのか」一言あると、
それ目当ての人が立ち止まるかも……


というか、自分は声掛けられて立ち止まって、
それで素敵な出会いをたくさんしてるわけでございます。

あとビラとか。

そんなわけで、
文フリ京都の戦利品です。

文フリ京都戦利品修正-2


サークル:NUT's編集部
カタログ:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%86/29
作品:ちいさな文芸誌『こなっつ vol.1』 蝶々結び
作者:芳原わらび他

いつもお世話になっとります。
『こなっつ』は寄稿した作品が収録されているので。
『蝶々結び』は10年ほどのもの書き仲間やってるわらび氏の個人短篇集なので、ぜひ読まねばと。
冒頭1行目を読むのが楽しみ。


サークル:大垣書店
カタログ:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%86/27
作品:「地下鉄に乗るっ」シリーズ 京・ガールズデイズ1 ~太秦萌の九十九戯曲~ (講談社ラノベ文庫)
作者:幹

萌えキャラ界隈で有名な太秦萌っちがこんなところにいるとは思わんでしょ。
や、京都市営地下鉄の子なんです。
ラノベなってるとか知らんでしょ。買うでしょ。


サークル:驕逸狂詩曲
カタログ:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%88/4
作品:青春議事録
作者:志槻 黎

お隣のサークル。
青春だが、学園モノではない。その謳い文句にときめきを感じた。
自分も似たものを書くし好むからだと思う(『イリエ』とか)。


サークル:あるかいど
カタログ:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%8B/56
作品:嘘つきコルニクス
作者:猿川西瓜他

ビラを頂き、読むと「嘘」をテーマにしたアンソロがオススメらしい。
でもそれテキレボ公式もやってるけれど、という疑問から。
猿川氏曰く、この本は3年前から企画されてきたらしい。
氏のアツい推しで入手。ついでに本そのものも厚い(500p)


サークル:dialogue354
URL:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%88/2
作品:夏の組曲/絶対Alone
作者:坂越さぎり

お隣のサークル。珍しい正方形の本
1編目のラストシーンをさらさらっと読んでみて、2人の関係と「私」の心情の変化が気になったので。


サークル:月夜のうさぎ
URL:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%8B/55
作品:ざらざら たぬき温泉 日々、満ちたり欠けたり
作者:小西アマリリス他

無料配布のビラを頂いて読んでみたら、「月」をテーマにしたアンソロという。
天動説の恋』を書いた身として、読まなくちゃいけない(使命感)
他2作はついで買い。


サークル:をことてん
URL:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%8D/21
作者:東 春行他

名刺をいただいた。長いことフォローしている方でした。
わざわざ挨拶してくださってありがとうございます。そしてそちら伺えずに申し訳ございません……。
そうして次会うときは遊びに行くと心に決めたのであった。




とまあ、こんな感じの文フリ京都でした。
いろんな出会いがございまして、今年1年頑張っていこうと思う所存であります。


最後に、今田ずんばあらずのイベント参加予定を明記しときます。


1/28(土) 29(日) 妖怪おろしがね【東京・下北沢】
http://yokaioroshigashi.tumblr.com/oroshigane

2/12(日) コミティア東京119
https://www.comitia.co.jp/

2/26(日) 妖怪卸河岸【東京・浅草 複合イベント『とりろじ』内にて】
http://yokaioroshigashi.tumblr.com/

3/19(日) 本の杜(予定)【神奈川・川崎】
http://ivent-hon-no-mori.com/

4/1(土) Text-Revolutions【東京・浅草】
http://text-revolutions.com/event/

4/16(日) 文学フリマ金沢
http://bunfree.net/?kanazawa_bun03

4/30(日) 名古屋コミティア
http://nagoya-comitia.daa.jp/

5/6(土) コミティア東京120
https://www.comitia.co.jp/

5/7(日) 文学フリマ東京
http://bunfree.net/?tokyo_bun24

6/11(日) 文学フリマ岩手(予定)
http://bunfree.net/?iwate_bun02

8月 コミックマーケット92(予定)


東京を中心に、全国各地飛んでいこうと思ってます。
どうにか北海道や九州、中国地方にも足あとをのこしたいですね(四国は?)

そんなわけで皆様、今後ともよろしくお願いいたします~。
『イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~』連載中です。
被災地青春ロードムービーと銘打っている通り、主人公二人が東北被災地を旅しています。

旅レビューでは、作者が実際訪れた際に感じたことを、簡単に紹介していこうと思います。


フィクションでなくノンフィクションを楽しみたい方、
本篇を一層楽しみたい方は、ぜひご覧になってください。

本篇を読まなくても旅先の雰囲気は味わえると思いますので、お好みで。

本篇
カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364
小説家になろう版:http://ncode.syosetu.com/n5301dn/
pixiv版:http://www.pixiv.net/series.php?id=755406
taskey版:



宮城県石巻市

石巻駅周辺
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-635.html


マンガロード
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-636.html


自由の女神像
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-639.html


宮城県南三陸町

戸倉地区
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-638.html



随時更新していきます。

依利江はどこへ行き、なにを見るのでしょうか?


物語は続く。

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。