FC2ブログ

ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。



 そうだな、読書の邪魔になると思うが、挨拶くらいはした方がいいだろう。
「おいっす」
 オレは机にカバンを置きながら挨拶をした。
 すると、少女の背中がビクリと震え同時に視線は本の文字列からオレの両眼に移る。
 その表情は……驚きと恐怖だ。
 ガタン、と椅子が動く音がした。オレが自分の席に座ろうとしたのではない。文学少女が思いきり立ち上がったのだ。身長はオレの胸辺りまでしかなく、イマイチ立ち上がっても存在の薄さは変わらない。それからくりくりとした目でキョロキョロと辺りを見渡す。何かを見つけたのか、少女は教壇に駆け寄った。そして、木製の教卓に身を潜め、顔半分だけを出してオレをじっと見つめている。
 オレは椅子に手を掛けたまま固まった。道端で野良猫と出くわし、そのまま睨みあっているような気がする。
 えっと……オレはどうすればいいんだ? やっぱり挨拶せずに座った方が良かったのか? ってか、その前にどうして挨拶しただけでこんなに怖がられなきゃいけないんだよ。オレの顔ってそんなに般若面を被った男に見えるのか? いつもつまらなそうでイラついてる顔をしているとは言われるが……。
 ……バカバカしい。第一なんでオレはこんなことをしてるんだよ。何をしたっていうんだ。ただ軽い挨拶をしただけのはずだ。なら、冷静に考えてオレは相手の反応を無視して椅子に座ればいい。
 溜息が湧き出たので、それを合図に席に座った。腰と尻に固い感触。ようやく落ち着けた。尻目で教卓の少女を見ると、彼女はまだオレの方を見ているのが分かる。
 謎の沈黙。謎の視線がオレに向けられる。そして、徐々にやってくる謎の睡魔。
 なぜ睡魔がやってきたかと言うと、変に緊張していたからだ。無理もない、あわあわとオレを見るそいつは、なんというか、とても愛くるしい。こいつなら絶対に擬人化ならぬ擬猫化や擬ハムスター化が成り立つ。そのくらい行動がちょこまかとしていて、目が大きく透き通っている。なんと言っても癒しオーラを放出しまくっていて、そんな奴に見つめられたら普通一般男子ならイチコロだ。
 どうしてオレがイチコロされなかったのかというと、簡単な話、イチコロされないように耐えていたからだ。
 だから、余計な精神をすり減らしてしまった。よって、疲れて眠くなった。証明終了。
 ……どこまで謎の睡魔を追い求めてるんだよ、オレは。
 奏といたときまで目が覚めていたのに、一気に眠くなってしまった。
 まだホームルームまで時間があるし、寝てしまおう。そうと決まれば居眠りだ居眠り! なんて、半ばテンションの高いオレは朝っぱらからの居眠りを開始したのであった。


第二話『起死回生ともいう。』に続く

選択肢前に戻る
目次に戻る
『城ヶ崎の小説ども』に戻る。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。