ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さまおはこんばんにちは。
今田ずんばあらずです。

先日2月12日におこなわれたコミティア119に参加いたしました!
参加された方、うちのサークルに遊びに来てくださった方、
お疲れさまです&ありがとうございました。


さてさて今回は戦利品の紹介と当日の広報について、
それからドジョウ街道宿場町結成以後、最大頒布数を更新いたしましたので、
この件についてもお話したいと思ってます!



まずは戦利品の紹介です!

戦利品コミティア119-2



サークル:桜華亭(おうかてい)
URL:http://owkwatei.web.fc2.com/
作品:SYSTEM(序) ポーチ(ジャックフロスト)
作者:サクラカエン。

ツイッターでいつもお世話になってる方です。
コミティアでなくお隣西館で催されていた「アナザーコントロール5」での作品です。
(ティア感想記事の初っ端に別イベントの戦利品を紹介する投稿者の鑑)
ヤマトチャンカワイイと、幼年時代の友・ジャックフロストくんが欲しかったんだ、欲しかったんだ……!


サークル:スタジオヒトリガトリエ
URL:https://twitter.com/ojigen08
作品:灰燼 Kai_Jin
作者:小宇治衒吾

今回合体参加した相方のサークル。
新作の冒頭を収めた無料配布本。イラストは『イリエ』でもお馴染みのkagatiさんpixiv
衒吾氏の作品は毎度毎度ネーミングが上手くて好きだから今回も期待してる。


サークル:魔女っ子サバス
URL:http://lifulu.shop-pro.jp/
作品:刺繍バッヂ(歌幡メイジ)
作者:リフルシャッフル

イラスト縫いという超技術を使った刺繍サークルさん。生地もしっかりしていて、値段もお手頃(500円)。
前回イベント「妖怪おろしがね」でご一緒させてもらった縁もあったので、遊びに行ったのでした。
バッヂ以外のグッズ(ブックカバーやコースター等)もあって、非常に興味深いのであった。
『イリエ』グッズを展開するのもアリなのではないか……?


サークル:虚事新社(そらごとしんしゃ)
URL:https://c.bunfree.net/c/kyoto01/!/%E3%81%8B/56
作品:田舎へ旅を
作者:田端農耕地

「田舎」「旅」というワードで買うしかないと思ってしまった。
イリエ』書いてるしね、仕方ないね。
体裁もよく、その他シンプルだけど興味そそられる作品タイトルがいくつか見られて、内容が気になる。


サークル:白くまっちゃ
URL:https://twitter.com/shirokumattcha
作品:最初の人間 Cute is Justice
作者:著者

『最初の人間』のロゴ好き
ジャンルにとらわれない作品を書く方なので、結構気になってたのである。
氏とお話していて、作品制作に関する考え方も面白いと思ったのだった。



戦利品紹介は以上です。
『灰燼 Kai_Jin』以外の同人誌はみんな文庫サイズなのが印象的ですね。

5年前(積極的に即売会参加するようになった頃)と比較すると、
文庫作品を出す文芸サークルが増えてきたのかな、と思います。
(まだカバー付き作品は少ない印象ですけどね! ロマンがあるがね!)


いつもは2、3度席を外して会場を巡るのですが、今回は1度しか巡れませんでした。
注目してた作家さんのスペースをいくつか見逃していたのが悔しい。



さて当サークルですが、
『イリエの情景 ~被災地さんぽめぐり~1』が好評で非常に嬉しいです。
カクヨム:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364

新刊告知コミティア119

今回のビラは、シンプルにしてみました。


文フリ京都ではもっと文字が多く、両面印刷を行っていましたが、
今回は片面印刷のみ。
裏の字が透けないので、イラストが映えますね。


新刊告知京都文フリ
新刊告知京都文フリウラ
※参考:前回作成のビラ(オモテ/ウラ)
・タイトルロゴ変更
・キャッチコピーを強調
・情報量をコンパクトに。


設営コミティア119

スペース設営に関しては既存のPOP広告等を再利用しました。

新規作成はスペースNo.記載用のPOP(写真左下)のみです。

うちのサークルの前を通る方の大抵が、自身のサークル以外の場所を求めているわけで、
そんな方たちがなにを欲しているのかといえば、
「ここがどこなのか」
だと思います。

スペースNo.はイベントにおける住所ですんで、
通行者からするとスペースNo.を記載してるサークルはありがたいのです。

ってツイッターで読んだ。

ただ、スペースNo.を載せるだけじゃ味気ないので、
依利江のカットを入れました。
ちょっとでもイリエのこと知ってもらいたいですからね。



それから、個人的に気になることがあります。
広報の積み重ねとそれに対する頒布数の変化に関してです。

そいつを鑑みるために、イベントごとの頒布数を見てみましょう。
合計頒布数は、『イリエ』以外の作品も含めた頒布数です。


2016/10/23 コミティア118
『イリエ』頒布数:5
合計頒布数:7

2017/1/22 文学フリマ京都
『イリエ』頒布数:6
合計頒布数:12

2017/2/12 コミティア119
『イリエ』頒布数:9
合計頒布数:14

※1月末の『妖怪おろしがね』は別作品を推していたため、省略します。



当初から『イリエ』は広報に力を注いできましたが、
イベントを重ねるごとに頒布数を増やしているのが興味深いです。

普通、(商業含む)作品というものは刊行されて月日が経つにつれて
売上げは落ちていくもんだと思ってました。

『イリエ』はどこか違うらしい。


特に10月の前回コミティアと先日の今回コミティアに注目してみると面白そうですね。

10月当時『イリエ』はカクヨムで毎日連載を続けていて、
さらに「新刊」という強みもあったのに、
頒布数は今回の約半分だったことにびっくりしました。

自分が地道に広報を続けていたのもそうですが、
宣伝スキルの向上、読み手側からの感想や口コミ等が積み重なった結果、
より多くの方から手に取っていただけるようになったのかもしれません。

うーん、読んでくださってありがとうございます。


今後『イリエ』2巻(5/6コミティア120)、3巻(6/11文フリ岩手)が続けて出ますので、
そしたらまた違う傾向があらわれるのかもしれません。


同人イベントにおける売り上げや売上数を公開しているサークルさんは非常に少ないです。
1次創作文芸のデータは特に。
隗より始めるのとは若干違うかもしれませんが、ぜひご参考に。



今後の予定

2/26(日) 複合型イベントとりろじ【東京都浅草】 妖怪卸河岸 配置No.01 サークル名「おにこくらぶ」
とりろじ:http://torilozi.com/
妖怪卸河岸:http://yokaioroshigashi.tumblr.com/

3/11(土) カクヨム 『イリエの情景』再開
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364

3/19(日) 本の杜(予定)【神奈川県川崎市】
http://ivent-hon-no-mori.com/
※不参加の可能性が高いです。


4/1(土) Text-Revolutions【東京都浅草】
http://text-revolutions.com/event/

4/16(日) 文学フリマ金沢
http://bunfree.net/?kanazawa_bun03

4/30(日) 名古屋コミティア
http://nagoya-comitia.daa.jp/

5/6(土) コミティア東京120 イリエ2巻
https://www.comitia.co.jp/

5/7(日) 文学フリマ東京
http://bunfree.net/?tokyo_bun24

6/11(日) 文学フリマ岩手(予定) イリエ3巻(完)
http://bunfree.net/?iwate_bun02

7/16(日)みちのくコミティア(予定)【福島県郡山市】
http://www.adv-kikaku.com/comitia

8月 コミックマーケット92(予定)
http://www.comiket.co.jp/info-a/C92/C92info.html

9/18(月祝)九州コミティア(予定)【福岡県北九州市】
https://www.q-comitia.com/%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%83%85%E5%A0%B1/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A201/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。