ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0919-2.jpg


現在カクヨムや小説家になろうで連載中の『イリエの情景~被災地さんぽめぐり~』
旅レビュー第二回です。

本篇を読んでからのほうが楽しめると思います。
読まなくても旅先の雰囲気は味わえると思いますので、お好みで。


カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364
小説家になろう版:http://ncode.syosetu.com/n5301dn/


『イリエ』旅レビュー 一覧
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-637.html




今回は「宮城県石巻市 マンガロード」です。
マンガロードには2013年9月4日と2016年8月2日の2回訪れているみたいです。

『イリエ』でいうところの
「とんでもなく大きな缶詰。依利江の熱弁。三ツ葉の歩幅。」
「外回りのサラリーマン。塩のまち。商業地帯に関する推察。」
「孔明の罠。関連する直線道路と津波。廃スナックの文字の跡。」

の計3話分が主なシーンですね。


1、とんでもなく大きな缶詰。依利江の熱弁。三ツ葉の歩幅。

依利江は「石巻が石ノ森章太郎のまちだというイメージ」を抱いてこのマンガロードを歩きます。
駅には009や仮面ライダーなど、有名どころのキャラクターたちが大勢いましたが、
このマンガロードにはマイナーなキャラクターもたくさん登場します。

DSC_0915-2.jpg


星の子チョビン。1974年に放送されたアニメです。
他にもキカイダー(1972年)やさるとびエッちゃん(漫画1963年/アニメ1971年)などなど。

仮面ライダーが1971年からスタート、ゴレンジャーが1975年からなので、
70年代はまさしく石ノ森章太郎の時代といえるかもしれないですね。
(50歳前後の方は、なにかしらの作品に触れているのではないでしょうか?)


作中、依利江が009の某シーンについて熱弁していましたが、
分からない方にとっては三ツ葉のような対応を取ってしまうかもしれません。

それもまた二人旅の醍醐味だと思っていただけたら幸いです。



2、外回りのサラリーマン。塩のまち。商業地帯に関する推察。

マンガロードを歩いていると、

DSC_1934.jpg


ここが津波浸水区域であることを伝える表示板を見かけます。
(この写真は2013年撮影のもので、2016年8月に訪れた際は撤去されておりました)

津波は石巻駅前で膝下ほど、マンガロードでは膝上~腰あたりまで波が来たようです。
詳細は石巻市サイトをご覧になるといいかなと。
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10151000/7218/7218.html

DSC_0919-2.jpg


作中、三ツ葉は、

「生き残る手段として観光客を狙う必要があった。そのためのマンガロードなのかもしれない。どこにでもある駅前商店街から、マンガロードとして生まれ変わる途中で震災がやってきたんだと思う。そうして今があるんじゃないかな」
と語っておりました。

イオンモール石巻のグランドオープンは2007年。
現石巻市役所のある旧さくら野百貨店の撤退は2008年4月。
エスタ(市役所1F部分)オープンが2008年6月。
市役所移転が2010年です。

http://tohoku.itot.jp/ishinomaki/18
上記東北の観光サイトをみると、当初マンガロードのキャラクター像が建つようになったのは
2001年前後、萬画館開館に合わせて8体でした。
※下記のサイトを信用すると駅に像が設置されたのが2003年末らしい。
http://ekisya.net/A-GENEKI/127-ISINOMAKI/127-ISHINOMAKI.html


その後、2010年に11体が追加されています。
市役所の移転と重なりますね。


単なる駅前商店街からマンガロードとして本格始動しようとした矢先、震災が起こったのではないか。
そんなふうに推測しております。



3、孔明の罠。関連する直線道路と津波。廃スナックの文字の跡。

マンガロード終盤、寿町通りや橋通りは駅前よりも海に近く、
被害も比較的あったようです。

DSC_0918-2.jpg


寿町通り付近から、橋通りを撮った写真。
旧北上川に架かる西内海橋・東内海橋まで250mほどの直線が続いています。


2013年の段階で下記のような廃墟化してしまった建物が数多く残されておりました。

DSC_1935.jpg


写真左の荒地は、現在「橋通りコモン」という仮設商業スペースがあります。

DSC_0916-2.jpg


ちょうどチョビンが目印ですね。
いわゆる「復興市場」のような形態で、プレハブやキャンピングカーのテンポがひしめいております。
散策した感じ、ここがマンガロードで一番賑やかな印象でした。

石ノ森萬画館からも近いですし、ちょこっと散歩がてら、遊びにいってみるといいかもしれないですね!

橋通りCOMMONhttp://www.ishinomakimatinaka.com/common/



まあそんなわけで、依利江は生き残りをかけた駅前商店街の現状を目の当たりにしました。
これから依利江たちはどこへ行くのでしょうか?


「石巻はまたたく間に姿を変えていく。変わらなくちゃいけない。その使命感をぴりぴり感じた」


物語は続く。



『イリエの情景~被災地さんぽめぐり~』
カクヨム版:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881746364
小説家になろう版:http://ncode.syosetu.com/n5301dn/

『イリエ』旅レビュー 一覧
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-637.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。