ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二〇一四年の春
『M3-ソノ黒キ鋼-』
というアニメが放映された。


01logo.png
M3-ソノ黒キ鋼-/(c)佐藤順一・岡田麿里・サテライト/M3プロジェクト
公式サイト http://m3-project.com/index.html

ホラーロボットアニメ。
全24話、2クール。監督は佐藤順一。
シリーズ構成は岡田麿里。
メカニックデザインは河森正治。
主人公鷺沼アカシの声優は松岡禎丞。

知る人が見れば驚くスタッフ、声優陣なのだそうだが、
当時の僕が知ってるのは、後半OPの作詞と歌を担った坂本真綾さんくらいだろうか。

とにかくロボットにも声優にもスタッフにもまったく興味がなかった自分は、
たまたまニコニコ動画でそのタイトルを発見し、観ることにした。


まあ、こんなふうに今更(何年も放置してた)ブログで(何年も前のアニメの)
感想を書こうとしているのが不思議で仕方ない。
そもそも感想なんてツイッターでちょろっと書いておしまいな自分だ。何かがおかしい。


おかしいのはきっと僕ではなくて、このM3だろう。

僕はこれほど評判が悪くて、そしてとてつもなく好かれているアニメを観たことがない。
(観てる本数自体は少ないので、井の中の蛙感は認める)



この記事、息を吐くように『M3-ソノ黒キ鋼-』のネタバレしていきます。
(後半OPの作詞と歌は坂本真綾さん、みたいな感じで)
個人的にはネタバレを観て1.5周目感覚で本篇観たほうが楽しめると思うけど、
何かしら哲学のある人は以下読まないでね。




このアニメ、とにかく観る人が少なかった。
参考にニコニコ動画で配信されていた2014年春アニメの再生数を比較してみたい。
総て12話のものを使った。数値は2016年6月27日現在のものだ。


覇権を取ったのは、『ご注文はうさぎですか?』だ。
第12羽は432,785再生。

ロボットアニメでブレイクを起こした『健全ロボ ダイミダラー』
こちらの第十二話は176,092再生。

根強い人気を誇るロボットアニメ『シドニアの騎士』
第12話、174,599再生。

そして『M3~ソノ黒キ鋼~』
第十二話は44,227再生である。


どれも第一話無料、最新話一週間無料という条件は変わらない。
『ごちうさ』との差は十倍近い。
タグで検索すると『ご注文はうさぎですか?』は3,541件。
『M3-ソノ黒キ鋼-』で91件。比べるまでもないね。


なぜこれほど人気がなかったのか。
理由は、以下のツイートに集約される。





https://twitter.com/anyamal/status/473510523779026944
「話を要約すると
よくわからん世界で
よくわからん物と戦うために
よくわからん子供達が集められて
よくわからんロボットに乗るって話だよな。
7話まで見ても何一つ分からない。
分かるのはロボットが出てくるってことくらい。
何がやりたくて
何をしてるアニメなんだ
…」



我々が何を追って観ればいいのかすら判然としないまま、どこまでも話が広がっていくのだ。

無明領域とは何か、
イマシメや躯とは何か、
八人の子供たちがなぜ集められたのか
(彼らの過去にあった出来事とは何か)、
ロボット「マヴェス」とは何か、
中盤になるまでまったく明かされない。
(ほのめかしはあるものの明言は避けられている)

そのうち最初に明かされるのはロボット「マヴェス」にまつわる重大なシステムであるが、
その回が第九話「蒼キ鋼心」になる。
それまでの一話から八話までの間、謎が謎を呼び、
着地点があるのかすら分からないまま進んでいくのである。

つまらない点は挙げればキリがないのでここでは割愛する。


しかし、このアニメを完走した人は
口をそろえてこう述べる。
「面白かった」と。



実際、面白かった。
色んな人にオススメしたいのだけど、
先の理由からオススメしづらいのが実に悔やまれる。


この回以降楽しみで仕方無くなる回というものがあって、
それは14話である。


あらゆる面から鑑みるに14話から面白くなるよう仕向けているのだ。
14話以降、物語の流れががらっと変わる。
膨らむばかりだった謎がどんどん解けていく。
怒濤の展開は第十六話「一緒ノ約束」に始まり、最終話まで疾走が続く。


M3について、書こうと思えばいくらでも書けそうな気がする。
観れば観るほど魅力が溢れてくるのだ。
(スタッフ方面に手を出すと絶対面白くなるね。底無しだけど)

ただ、それをするとまとまりのない内容になってしまうので、
伝説の十四話を中心軸前後半に分けてお話しようと思う。

前半
「十四話の謎――カギは真綾の歌にアリ」

後半
「十四話まで迷走していた理由――1クールに収められる? それはナンセンス!」


というお題目でやっていこうと思う。

前書きが長くなってしまったが、M3だって前書きが長いんだ。


許せ。



前半
「十四話の謎――カギは真綾の歌にアリ」
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-624.html

後半
十四話まで迷走していた理由――1クールに収められる、それはナンセンス!」
http://bluska.blog110.fc2.com/blog-entry-625.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。