ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CIMG1883 (1024x768)

行ってきました、鶴岡八幡宮in鎌倉!

※昨年の七月らへんの話です。


というわけでどうも、じょがぁです。新年あけましておめでとうございます。

恒例の謹賀新年ネタはありません。
いや、自粛でも喪中でもないですよ?

単純に忙しくてそれらしいものを準備できなかったんです。

という言い訳。


CIMG1856 (900x675)

旅の相棒は当然しゃりくろさんです。
リアサイドバッグは片方のみ。
日帰りの軽いサイクリングにゃ充分だけど、バランスは悪くなるのです。ドンマイ。
ちなみにサイクルグローブは友人からのバースデープレゼント。ありがたや……。


CIMG1857 (1024x768)

波がかなり高くて、あと風も強かったですね。
というのも、この日は弩級タイフーンが近づいてて大荒れだったんですよね。
幸い上陸目前で謎の南下をし、大きな被害はなかった、あの台風です。

なんか空が暗いですが、実は晴れてます。


CIMG1863 (1024x768)

すぐ近くにある江ノ島ももやもやしてて見えづらい。


CIMG1874 (900x675)

ぶらぶら走ってたら湘南モノレール線沿いに出たです。
とりあえずこの道走れば鎌倉市街へ着くであろうと信じた結果、
大船まで行ってしまいました。
じょがぁったらアホな子ねっ!


まあ、そんなわけで、鎌倉の山を駆け巡ってようやく鎌倉市街の鶴岡八幡宮に着いたのです。
体力無くなってて写真あまり撮ってないです。

(というか、八幡宮拝殿を撮ってないんだから驚き!)


鶴岡八幡宮の境内には本殿のほかにいくつかの社がございまして、
今回ここに来た目的は、
「八幡宮境内の中で、最も人の気配のない社を探そう」というものでした。ええ。

というわけで、境内を散歩。
しゃりくろさんは入っちゃいけないそうなので、隣接する県立近代美術館で待ってもらうことに。


CIMG1887 (800x600)

八幡宮拝殿の脇にあるちっこい丘に建つ小さな神社、丸山稲荷社。
朱色な鳥居と柵、そして狐の石造。お稲荷さんを祀る神社っぽいです。

さっき調べたら、境内最古の建造物だそうで。
とはいっても室町時代に建てられてるんですが。


CIMG1890 (800x600)

稲荷社の入口と八幡宮本殿。
千本鳥居とまではいかないまでも、連立する鳥居は、
どこか異世界への入口みたいに感じるのは自分とパワースポット大好きっ子くらいでしょう。


CIMG1897 (800x600)

木々に囲まれた境内東側(正確に言うと北東面)にある
寂びれた鳥居のここは祖霊社でございます。

地元の人の寄付金か何かで建てられたこの社は実にリーズナブルで静かな場所でした。


CIMG1898 (800x600)

もっと近づいて写真撮れよ!!!

砂利道の先には、壁のないむき出しの拝殿。
柵を越えてしまえばすぐに本殿というか、祠の前までいけちゃいます。

いや、そんなことはしませんでしたけど!

とりあえずこの灯篭に腰掛けて読書でもしたらさぞ気持ちがいいんだろうなあ。
なんて思ったりしたもんです。
だって、台風が近いのに、ここは風が穏やかなんですもん! 涼しいしね!


まあ、そんなこんなで鎌倉はいいところです。
というか、こういう神社もいいけど、住宅街を徘徊するのも結構楽しいですね。

鎌倉は路地裏散策をして初めて楽しめるもんなんだと思います。
遊びに行く際は、ぜひ車の通れない迷路じみた路を歩いてみてくださいw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。