ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖孤×僕SSアニメ化だぁぁぁぁぁ!!!!

どうも、兄メカ、じょがぁです。お久しぶりです。
感想が遅くなってしまい申し訳ないございません。
(いや、期待してる方が何人いらっしゃるのかは謎ですが)


まあそんなこんなで感想、始まります。


来月7/22(金)発売の新刊↓

「うみねこのなく頃に Episode3:Banquet of the golden witch 5(完)」
「ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 8(完)」
「“文学少女”と飢え渇く幽霊 1」
「アラクニド 4」
「プラナス・ガール 4」
「新装版dear 2」

竜騎士07原作の二本が完結。そして新装版のdear二巻目。
財布が薄くなるな。


今月発売の新刊↓

「妖孤×僕SS 5」
「新装版 わたしの狼さん。」
「新装版 dear 1」
「黄昏乙女×アムネジア 5」
「花咲くいろは 2」

ここあさん月間ですね、わかります。



では本編へ。



めいびい「黄昏乙女×アムネジア」

うむ、良い脚だ。良い巻頭カラーだ。
最初一ページ目の脚が夕子さんのに見えたけど、違うのか。
新キャラ登場だけど、それより三原氏のキャラがいいなあ。


祐時悠示 七介「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」

はいてるけどはいてないようだ。
ラノベやマンガの「お約束」もちゃんと組み込まれている。
まあしかし、それだけと言っちゃアレだけど、多分様式美だけで終わらない……ハズ!


吉辺あくろ「絶対☆霊域」

冒頭一コマ目でバツアツww ワケ分からんぞ聖一w
というわけで、海水浴回。しかしアパートで。この発想はなかったわ。
ちなみにひな子とひよ子の水着シーンはない! ……脳内補完ですね!


藤原ここあ「妖狐× 僕SS」

蛙江さんは登場しません。(みんな存在忘れてると思うけど)
あれ、なんか違和感、と思ったら野ばらさんやら色々お馴染の姿じゃないっすか!
……幸せすぎて泣けるわ。


タカヒロ 田代哲也「アカメが斬る!」

回想シーン、リヴァ鉄砲隊の一斉射撃がカッコよすぎる。
☆★☆★エスデス様の求める恋人にしたい五つのポイント★☆★☆
って現代語にできるエスデス様の鬼畜な要望。当てはまっちまったタクミ頑張れタクミ!


横山知生「私のおウチはHON屋さん」

まさか前回みゆちゃんが朗読した官能小説の作者名が伏線かい! 分かるかw
そんなこんなで官能小説家野々村陽先生です。
官能的描写を口にして意志を伝えるワケですが、さすがに無理があるぞw


忍「ヤンデレ彼女」

限りなくMOBに近い保険医のキャラが立ちすぎている件について。
これで、本当にこの回だけしか登場しなかったら忍先生尊敬するよ、うん……。
まあ真っ赤っかなレイナさん見られてもう幸せです。


遠藤ミドリ「繰繰れ! コックリさん」

つい先月J1優勝が発表されたこの作品が早々に連載開始。よくやったもんだなあ。
しかも二話同時掲載とか先生大丈夫ですかw
と、まあさておき内容。出オチが進化してて吹いたw
しかし、逆に言うと出オチだけな気もするというかなんというか……。
ちょっとグダグダやり過ぎた感があって残念だったかなあ。
いや、このグダグダがいいのかもしれないけど。


カザマアヤミ「ひとりみ葉月さんと。」

遊園地ではしゃぐ葉月さんかあいいよ。
展開急すぎやしねえ? とか思っちゃったけど、
これは多分葉月さんのはしゃぎっぷりを演出したんだと思うんだ。


村田真哉 いふじシンセン「アラクニド」

おお、これは胸アツな逆転!
すげえ! と思ったら覗き見の影が登場。
転転転ときた響の直翅目蹴撃! ぐはぁ! 思わずニヤけちまうぜ!


高透レイコ「かしずき娘と若燕」

J1を勝ち抜いた新連載ですが、うおお、この制服かなり好きだ! 特に帽子が。
別に小学生だからとかそういう理由じゃないけど、ツバメさん好きだわまじで。
だが六条庵や伏見狐の変態さには負ける。


竜騎士07 秋タカ「うみねこのく頃に散 Episode5:End of the golden witch」

大人こわいよ大人。
ある意味登場人物の中で一番不幸なのは夏妃なのかもしれん。
殺戮は起きなかったけど、夏妃の精神崩壊が始まりそうだなおい。


鍵空とみやき「カミヨメ」

万と彗華が幸せすぎてこれからも生きていける。
水神のマイペースっぷりがかわええ。いい窓口当番。
死神さんの元お嫁さんは……アルファ! 横文字! どういうことなの?


P.A.WORKS 千田衛人「花咲くいろは」

少しずつアニメのストーリーとずれてるところがいいなあ。
「緒花の成長」「女将から極意を伝授」「女将の思い出シーン」「緒花、夢が定まる」「女将、倒れる」
なんか、女将の死亡フラグビンビンだけど、大丈夫か……!?


竜騎士07 鈴羅木かりん「ひぐらしのく頃に礼 賽殺し編」

サイコロの振出しにモドルどころか、起点から違ってるよ!
雛見沢が水没……だと? ありえるけどそこまで違うパラレルワールドっすか。
圭一のいないひぐらしはひぐらしじゃないよぅ。


七海慎吾「戦國ストレイズ」

かさねの行動力は奇想天外というか、さすがだなあ。脱帽する。
林勢へ直接顔を出した結果がどうなるのか……?
信行さんの方もヤバいし、本当にどうなっちゃうのよ。


野村美月 高坂りと「“文学少女”と飢え渇く幽霊」

番外四コマ+一コマ漫画。
この形式は新しいというか、新鮮でほんわかしてしまうのう。
ダークな本編もいいけど、おまけが面白いのが文学少女シリーズ。


河内和泉「EIGHTH」

葛藤する男たちがカッコよすぎる。いつもは変態だけど。
全力で走り回るナオヤも、雨の中立ち尽くすルカも……惚れてまうよ!
しかし今回ばかりは情熱で解決する話じゃなさそうだけど、どうなるんや!?


ごぉ 檜山大輔「ひまわり 2nd episode」

このテロリスト、どこまで知ってやがる……。
「ひまわり」って、ただの宇宙漫画かと思いきや、実は生物学漫画でもあったりする。
と同時に、銀河に惚れる漫画でもあるよ。この単細胞な思考がアツい!


祁答院慎 篠宮トシミ「コープス・パーティー BloodCovered」

おにいちゃんきたああ! これで勝つる!
人間怖いと思った矢先、悪霊に襲われる、と。
由香の無垢な思いがもう切なくて切なくて……。



さて本編は以上。


次号はJOKER PROJECT STARDOMなるものが開始されるようで。
毎月実力派の作家さんや新人作家さんの読切が掲載されるらしいですね。

WING時代からそうだけど、新人育成に力を注ぐこの雑誌らしい企画。

期待大でございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。