ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、今日は母校で文化祭があったみたいです。
行きたかった……。

はい、無き寝言はどうでもいいです、じょがぁです。


遅くなりましたが、引き続き

千葉の友人へ誕生日プレゼント宅配の旅をお送りいたします。



6:20 起床

こんな早くに起きられる奇跡も、魔法も、あるんだよ。


これが旅行初日の魔法なんだと思いますよ、ええ。


まあ高二の年末に弓道部で山形行ったときは
二日目に大寝坊しましたがね!


(あの日はマジすんませんでした)


で、朝飯をとり、7:00頃自転車に乗って出発。

駅前に寄って『これ』と『コレ』撮ったりする。


7:30 自宅目指してペダルをこぎ出したりする。


復路は、往路で行けなかった千葉街道をほんのりと進みます。

うん、いいね、写真撮り忘れるくらい走ってて気持ちがいい。



CIMG1771.jpg

8:15 あっという間に江戸川。



CIMG1770.jpg


CIMG1769.jpg

で、でかい……。


CIMG1768.jpg

百年後には江戸川ドラーズが頑張ってんのかなあ。




千葉街道はまだまだ続きますが、

なんというか、先日はいなかった自転車ツーリストがたくさんいました。


さすがに重荷積んだじょがぁは付いていけないと思ってたんですが、

案外楽に付いていくことができました。

付いていけなかったのは、
エアロバーというイケメンハンドルバーを装備した自転車と、
あと数台くらいだったような。


特に急な登り坂になると連勝だったです。
(ご自慢のハンドルバーさんが活躍してます)


とりあえず、しゃりくろさんがスゲえってことがよくわかった。



CIMG1774.jpg

8:35 江戸川区役所前着。


かなりオサレな役所前の広場。

目に痛くなく、すんなりと入ってくるんだよね。
朝早いのに、じっちゃんたちがゆっくり読書をしている……。

江戸川区と墨田区(特に亀戸周辺)は住んでみたいとさえ思ってしまいますね。




CIMG1777.jpg

6/12 8:40頃の荒川の水位。

『A.P.』って単位は『Arakawa Pail』といって、
荒川が大潮の時の干潮時を0mとしているようです。

実際この塔を見上げてみると、
改めて5mって高さは想像を絶する高さなんだなと思いましたね。

ある意味、この高さの堤防で満足するのも頷けてしまうよ……。


つか、10mの津波ってわけわからんわ。
そんなの人間の想像外だっての。





CIMG1778.jpg


9:30 東京駅周辺に到着。

噂では日本橋と東京駅はさほど遠くにないとのことなんですが、

なぜか今の今まで東京駅を発見することができずにいたじょがぁです。


で、駅近くにそびえるこのブラックボディの高層ビルディング。


ええ、

しゃりくろさんのボディと同じっすよ!



しかもこの、

CIMG1779.jpg

土台がロマンをそそるんだよなあ!


いやあ、写真を見るだけでニヤニヤしてしまう。

別に変態じゃないっすよ?



ちなみに東京駅は、


CIMG1780.jpg


CIMG1781.jpg



改修工事中でしたが何か?


ちなみにこの写真を通った通路には
ホームレスさんが朝から昼寝をしていたりします。


そして通路を東京駅の反対側へと進むと、


CIMG1782.jpg


なんと皇居に行き着きます。


知りませんでしたよ、ええすみませんね。







で、ついでに寄り道して日比谷公園にも行きました。
着いたのは9:50ごろですね。


CIMG1783.jpg

CIMG1784.jpg


うん、まあ、やっぱりここにもホームレスさんがいらっしゃるんですよね。


色々話を聞いてみたい気もするんですが(冷やかし的な意味ではない)

うわ言をだらだら垂れ流しているような方でしたので、

うん、やっぱりへたれな自分には無理だわ。


話しかけられたらいいんですけどねえ……。

しかし、一方で騙されやすく乗せられやすく断言できない性格なもんなので、
下手をしたらしゃりくろさんを奪われてしまいそうで怖い。

んなアホな、と思うかもしれないけど、
自分はしょーもないほどアホなんで仕方がない。


CIMG1787.jpg


シロツメクサがたくさん咲いてた。

春先に咲かせるシロツメクサもあれば、
初夏に咲かせるシロツメクサもあるんですねー。



CIMG1791.jpg


CIMG1794.jpg




CIMG1795.jpg


さて、再びやってきました霞ヶ関。

やはり法務省の浮きっぷりぱねえです。



CIMG1800.jpg

一般的な省庁舎(写真は経済産業省)はポストモダンな感じなのですが、

法務省のみ明治の面影が残ってます。


経済産業省「赤レンガとかwww時代遅れぱねえwwww」

法務省「時代遅れちげーし! 伝統残してんだよ!」

経済産業省「霞ヶ関の隅とかwww田舎臭wwwww」

法務省「皇居に一番近いんだからいーだろ! 偉いんだよ!」

経済産業省「とか言っちゃってww おいこれ見てみろよ。
   CIMG1799.jpg
バwルwコwニwーwww 皇居じゃねーしwww」

法務省「ベ、別にあったっていいだろ! お前侮辱罪で訴えるかんな!」



みたいな会話を妄想をしていると、

遠くから懐かしい訴えが聞こえてきました。


「――菅直人は即刻退陣すべきだ」


まさか……。



そして、鳴り響く軍歌……。


間違いない!


街☆宣☆右☆翼☆再☆降☆臨



ま た お 前 か 。


相変わらず霞ヶ関が好きだなあ、なんて思ってたんですが、

よく聴くと軍歌が『月月火水木金金』だった。


いやはや、結構聞き覚えのある曲もながしてるんだn……


mmr01.jpg

ま…まてよ!!


mmr02.jpg

これには何か、深い意味が秘められているのではないか?


mmr03.jpg

な、なんだってェ―――!


mmr02.jpg

じょがぁがこの車を見かけたのは、

6月12日、日曜日だ。


そして彼らが撒き散らしている軍歌は『月月火水木金金』


つまり、

日曜日に『月月火水木金金』を
垂れ流すことによって、



mmr04.jpg

日曜日のありがたみを
伝えようとしたんだー!!!




gaijinnchan.jpg









CIMG1801.jpg

スカイツリーも見た、ということで、

やはりこちらも見ておいたほうがいいでしょう。


10:20 東京タワー。

提供はエネオストヨタとかじゃありませんからね?


CIMG1802.jpg


ま、曲がってるの、嘘じゃなかった……っ!



CIMG1804.jpg


とてもかくても、東京タワーは東京の一部分になってますね。

スカイツリーはまだまだ不自然な背景のままですよ。




CIMG1805.jpg

12:05 保土ヶ谷のとある神社で休憩。

東京都心から横浜のベッドタウンまで2時間掛からずに着いてしまうという不思議。


側に国道があって交通音はあるんだけども、
不思議と和やかな空間だったね。


まあ、この時尿意と戦ってて
神社の雰囲気に浸る余裕なんてなかったんだけどな!




CIMG1807.jpg


で、12:45頃に行き着いたコンビニで

お手洗いを済ますと同時に昼食タイム。



このとき、じょがぁは気が抜けたのか何かは知らんが、
飯を大量に購入。

・インド風グラタンライス
・バジルオイルのサラダパスタ
・餃子(12ヶ)
・コカ・コーラ


ええ、1000円以上の出費でございます。


うん、ぶっちゃけ餃子12ヶは多すぎた。

サラダにパスタはいらんかった。

炭酸はトドメだった。




この大量の昼食が、帰宅した後まで腹のもたれを促すのであった……。



かくして、コンビニに到着してから1時間15分後、

2:00に出発。


お腹一杯だったからゆっくり走ったのを覚えてます。




で、

道に迷う。


横浜の戸塚付近のバイパスから逸れて、


しばらく道なりに走ってたはずなのに、

危うく相模原帝国市方面に行きかけたぜ……。



帰宅中の(恐らく)少年野球のコーチみたいな方に道を聞いたんですが、

その人がとても親切に分かりやすく道を教えてくださいました。


というか、ぶっちゃけ現地の人に聞かないと分からないようなところだった。

(バイパス脇に自転車・歩行者専用の道路があったらしい。知らなかった)


そんなこんなで無事国道一号線と合流できたのですが、



どこからともなく、

デジャヴュな歌が流れてきたんですよ、ええ。



まさか……。


そう、そのまさかの――




街☆宣☆右☆翼☆降☆臨(三度目)




でも、こっちの軍歌はよくわからない曲でした。

やっぱり、田舎の車はセンスがなくてイカん。


都内の彼のようなユーモアがないといけないと思うんだよ、うん。



まあ、そんな運命的な出会いをしたじょがぁですが、




ついに自宅近くまでやってきました。


自宅近くといっても15km圏内のことを指すんですが、

それでも馴染みのある道を走っていると、


知らず知らずの間にペダルを漕ぐスピードが速く、速くなってきます。



正直限界なのに、


街宣車を見たときからもう限界は感じていたのに、


どうしてこうも走れるのだろうか……?



全身はもう痛くて、

昨日から痛かった右肩はもう使いものにはならないし、

太ももだって乳酸ばかりが溜まって、まともに歩けやしないのに。



それでも、スピードを落とすことはせず、

いやむしろスピートはどんどんと上がっていく。



この手には、友人から贈られたグローブがある。


思い返してみると、昨日のこの道は、水溜りだらけだった。



ホイールを半分水没してしまうほど深くて、

洪水警報だって発令していた。



それに比べたら、

今の道はなんてつまらない平凡な道なのだろう。



雨上がりのスカイツリー。

この人生の中で最も大きな人工物をその目に焼き付けた。

その巨大な塔と、その下に広がる下町も一緒に焼き付けた。



それに比べたら、

この町はなんてつまらない平凡な町なのだろう。



友人と食べた『千吉』も、

この町にはない。



この町では、

迷子になって、道を聞くようなことだってしない。

どんな場所に行ったって、戻ることの出来る自信があるからだ。




どこへ?



ああ、そうか。



あるではないか、平凡なこの町で、

ただ一つしかない場所が。



それは、自分にとっての目的地。



そう、

本当の目的地は、


スカイツリーでも、

友人の住む習志野でもなかったんだ。




だから、自然とペダルの回転が速くなっていったんだ。

本当の目的地に辿り着くため……。





――3:20 我が家に無事、帰還。







まあ、それから4日間は筋肉痛で、

自転車なんて見たくもなかったんですけどねwww







と、まあ、こんな感じで今回の自転車旅行記を締めさせて頂きます。


次はどうしようか迷ってるんですが、


宿泊セットが整ったら自転車未踏の地、山梨へ、

整ってなかったら東京湾一周をしてみたいと思います。




うは、なんか二日目は切れ目がなくて長々書いてしまった。

長文申し訳なかったです^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。