FC2ブログ

ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

どうも、じょがぁです。

例のディスクを会長に渡しました。上映が楽しみですね^^

まあ色々あると思いますので、ブログ上では一切お話しないと思います。




さてさて、今日塾帰りに本屋行ったら



テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/07/23)
滝川 廉治

商品詳細を見る



思わず買ってしまっていた。

なにこの衝動買い。

最近急性読書中毒が治まってきたところなのに……。




うん、まあそんな感じの日々です。




ちなみに追記の展開▼で、世界史メモです。『うたわれるもの』に登場するスオンカス。

残虐な人間として、プレイ経験のある方は焼きついていると思います。


一方中国最後の漢民族王朝『明』の末期に登場する宦官魏忠賢。

三度の飯より殺戮がうまいwwと仰るこのお方もフォローのしようがないほど残忍な人間であります。


残虐である他にも共通点はありまして、

・男性の機能を失っている。
・自国を滅亡させ、異民族によって支配される。
・宮殿が中華風。

などが挙げられます。


すすっと歴史関連の出来事を加えられた作品は、物語をリアルに、面白くさせますよね。
(張居正とか康熙帝の登場はゾクゾクっとします)
中国の歴史は政治やら経済やら制度やら、物書きとして参考になります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。