FC2ブログ

ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

まさかの学ランを着忘れての登校、じょがぁです(実話)。



しかし、ネコっていうのは本当に凄いですね。
その凄さに感動しましたよ。


あまりブログでこういうの言うのは好きじゃあないんですが、
今日はかなーり落ち込んでたんですよ。ええ。
そりゃ外で涙を流すくらい。大声で何かを叫ぶくらい。
人生で二度目の経験っすよ、こうやって泣くのは。

まあ、それは置いといて、とにかくじょがぁは落ち込んでたんだ、うん。
で、とある広場に自転車を停めて、とあるベンチに座ったんですよ、110円のココア買って。
(こんなときでも十円ケチるじょがぁさん。さすがです)

で、足とか凍えてて、尻も冷え冷えで、何やってんだろうな~って黄昏るんすよ、落ち込むと。
(人はそれを逆効果という)
まあ、広場行く前に違う場所にいたんで、足冷え切ってるのは多分そのせいっす。

こっから本題。
ココアも飲みきって、いよいよ寒さがジャンパー突き抜けて骨まで冷えが染みてきた頃にですね、

やってきたんですよ、
ネコさんが。



いやあ、あれは驚きましたよ。
高校にいるネコと戯れようと近づくと、15mのところで逃げるのに、
なんとこの広場のネコは燃え尽きた男のようなじょがぁにすり寄ってくるんですよ。
何もしてないのに、なんの合図も手招きもしてないのに。

で、じょがぁが撫でようと手を伸ばすとネコの方から手にダイビングしてくるんですよ。
というか、立ち上がるんですよね。
もうね、枯れたと思った涙が出てきたよ。

うちネコアレルギーだけど、そんなの関係なく手袋外してネコさん撫でまくりましたよ。

で、ネコさんが飽きはじめたのか、どこかへ行こうとしたときに、
うちが「にゃー(棒読み)」って呼ぶと「にゃぁ~」と返事をしてまたすり寄るんですよ。

ああ、なんというか、
ネコって落ち込んでる人間を励ましてくれてるんじゃないのかなって思った。

それからうちの脚の上で丸くなるんですよ。
鼻血出そうだった。
そのとき友人が通って、なんて言えばいいのかわからなかった。
一緒にネコトークすればよかったとか思ったけどムリな話ですね^^;


首輪付けてたから単に人好きなネコだったのかもしれませんし、
餌が欲しくて近づいてきただけなのかもしれない。
脚の上で丸くなったのは、単に温かいから。きっとそうだと思う。

でも、時間も遅くなって
ネコさんとも別れようと思った瞬間ににゃあにゃあ鳴きだすんですよね。
どうしてあんなに鳴くのか……本当のことはあのネコさんにしかわかりませんが、
うちにはネコさんも寂しいんじゃないかなあって思いました。
撫でまくって、温めて……癒されてたんじゃないかなあって思いました。
だから、また会えたら会いましょう、と呟きましたね。

ま、ネコさんにとっちゃあ、ただうちは利用されただけの存在なんでしょうけど、
でも、なんかうちは本当に癒された。
まだ落ち込んでることに変わりはないですが、
ネコのような自由気ままにやっていくっていうのもいい気がする。


なんというか、そんな、ネコなお話でした。
ちなみに今、アレルギーなのかなんなのかで目が痛いっす^^;
スポンサーサイト



コメント

落ち込んでるときは元気なんか出そうとせずにひたすら落ち込みまくるといいんじゃないかと思ってる。
むしろ積極的に落ち込むってかんじ?

あとねこかわいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。