ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、じょがぁです。最近すっかり涼しくなってしまったので、海水浴場も静かな様子になっているかしら。
そのうち、ひとりで海を眺めていたいす。

卒業制作第一〆切まで二十四時間をきっていますが、現実逃避しよう。

①プロットどうやって作ってるか
まず最初に、登場人物やその世界の設定を楽しんで書きたいエピソード、自論展開、登場人物に言わせたい台詞等々を自由に書いていきます。
で、書いているうちに断片が繋がっていくので、それを整理します。
同時進行でキャラクター同士の人物評を挙げてもらいます。
どんどん膨らんでいくので、ストーリーに絡めるかは別として書いていきます。
まとめるとプロットみたいなのになります。
近頃のプロット制作はこんな感じです。

②1つの作品を何回くらい見直すか
書いてるとき。キリのいいところで、キリのいいところから読む。
世に出す寸前。世に出ていいものなのか、読む。出したあとはもうアーアーキコエナーイ状態に入る。
数週間~数年後。気になったときに読み返す。目を覆いたくなることもあるけど、たまに心を揺さぶられる。
というわけで、何回も見直しますし、その都度作品の評価を見直すこともあります。

③どのくらいの時間で書き上げるか
一週間から八年以上。
長く考えたからといって質の高いものが書けるとは限らない。

④スランプに陥った時どうしてるか
どうしようもない。
でもきっとネットから切り離されたら進むんだろうな、とは思ってる。
こういう人になりたかなかった。

⑤書く上で気をつけてること
前は読者を意識していたけど、最近は自分の書きたいことを書こうとリハビリ中。
自分の書きたいことを書かなくちゃ、読者も読んでくれないんだと仮説を立てている。

以上。
スポンサーサイト

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。