ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、二月です、歌麻呂です。あけましておめでとうございます。

なんやかんやと挨拶が遅れて結局今年も一ヶ月経ってしまいました。
どんどん縁が遠のいている感じがしないでもありませんが、

今日から不定期連載『妖艶々舞』感想をやりたいと思います唐突に。


DSC_2289-2.jpg

『妖艶々舞』(ようえんえんぶ)

(左から『生成りの章』『中成りの章』『本成りの章』)


昨年秋に三周年を迎えた日本鬼子さん。
その記念本として作られたアンソロジーです。
日本鬼子ぷろじぇくと公認のもと、サークル『恵方巻きコルネ』(http://filangieri.blog.fc2.com/)さんが企画編集してできました。

ちなみに、日本鬼子さんってのは、2010年秋に起こった出来事から爆誕した萌えキャラです。
人の心に宿る鬼を萌え散らす、かっこいい鬼っ娘なのだ!

つまり、こっちのポータルサイト(http://hinomotoonikoproject.blog.fc2.com/)を三分くらいご覧あそばせば大体わかります。






頭でっかちになっちまうクセをどうにかしたいけど、まあ行きましょう。
ひとまず収録されてる全作品に何かしらの感想と、Pixivに見本的なものがあったらそれも掲載しておきます。
執筆者さんの敬称は略してます。あとネタバレあります。

『妖艶々舞~生成りの章~』



大辺璃 紗季http://www.pixiv.net/member.php?id=2723539
「『妖艶々舞 生成りの章』表紙イラスト」

三周年記念ピース鬼子さんかわいいです。
この指たちの中でどれが一番好きかって、左親指ですええ。
反りがタマラン! くそ、あざとい奴め!
そう言えば、ヒワイドリ(左の白い鳥)の足って、鳥類的な「趾」とは違うんですなあ。
こちらもいい親指をしている。


Haru.jpghttp://www.pixiv.net/member.php?id=703995
「『妖艶々舞 生成りの章』中表紙イラスト」


クリっとした目と、豊満な胸を持つ鬼子さん。
やや垂れた感じからして、これはチチメンチョウ参照が「ほう……」と唸るレベル。
それと耳がいいんですわなあ。これは一度ペロッと舐めてみたい。
ハルさんは巻末の「こめんと&いんふぉめーしょん」で「こにぽんかわいい」と仰ってましたが、
自分も大好きです(迫真)


大辺璃 紗季
「前書鬼」


『生成りの章』『中成りの章』共通の前書きもとい前書鬼。
鬼子さんの世界の住人は、こういう言葉遊びで生まれた心の鬼参照が多いですよね。
こういう粋なものがあるからこそ、鬼子さんは鬼子さんであるのだろうと思ったり。
まあそんなこんなで、ゆる~くやっているからこそ、今まで続いてきたんだろうと思います。緩やかながらもね!
鬼子さん爆誕期からいる身としては、感慨深い前書鬼でした。


さて、ここからが本文になります。
どんな作品たちが待っているのか……!?




Masterhttp://www.pixiv.net/member.php?id=2471721
「漫画『魔』『萌』」

しょっぱなからこれはwwww卑怯だろwww
というわけで、サンプルをご覧になればわかる通り超スペクタクルな力作になっています。
ちょっと前に(歌麻呂がこれを読む前に)鬼子クラスタが、この作品の話題で持ちきりだったのも頷けますね。
(自分は外から無言で眺めていましたコミュ障)
個人的に気に入っているのはバスト150cmの魔乳と、メガネっ娘鬼子さんですね。着物のなびきに心惹かれます。
つまるところ、これが『妖艶々舞』の集大成と言ってもいいと思います(真顔



りっくにあhttp://www.pixiv.net/member.php?id=695329
「漫画『魔×萌え=鬼子さん?』」


あ~こにぽんかわいいんじゃ~「魔と萌えの融合」がテーマの一作。
鬼子さんって格好いいイラストをよく見るので、時折「萌え」について考えさせられることはあります。
作品でパンツについて触れられるんですけど、萌えとパンツって似ているなあ、と思いました。
パンツは、誰しもが内に隠すものなので、萌えもまた二次元のキャラクターの内に秘められているものなのでしょう。
いや、彼女たちがパンツをはいているとは限らない。パンツをはいているのは我々であり、よって萌えは我々が抱いている。
つまり、彼女たちの姿、言葉、動作が、我々の内に秘めたる「萌え」の心を揺さぶるのではないか。
そう、オレたちは鬼子さんにパンツを履かされちまったのさ……。

というところまで妄想がいってしまいましたが、パンツについて色々語るのはいいと思います。



時丸http://www.pixiv.net/member.php?id=2538356
「1ページだけ鬼子新聞号外」


時丸さんの作品は毎度ハッチャけた遊び心と、そこはかとない露出系エロスがありますよね。
腰と膝に手を置く謎の女性のまつ毛が良いのです。
彼女の大人っぽい美人さは胸からではなく、ここから溢れ出ているんだと思います。
紅葉色の着物を着崩した謎の鬼子さんは無論帯上のくびれがグッとくるです。
で、この肌の透明さ(ある意味半透明とも言うべき透け具合)と、モノクロなのに彩り豊かなのは時丸さんにしか出せないんじゃないかと。



内海http://www.pixiv.net/member.php?id=1064908
「四コマ漫画『鬼っ子!』」


病鬼参照餓鬼参照と鬼子さんの四コマ。三人の鬼っ子さんですね。
病鬼(ハネ髪に和服っ子はかわいい)は仮病をしてしまう心の鬼らしいのですが、うむ、うちの心にも棲みついていそうな感じがします。
(今の今まで感想書かずじまいだったしな!)
心の鬼と鬼子さんが登場すれば、大抵心の鬼が萌え散らされて完になることが多々ありますが、この作品は終始仲良しなので、目新しかったです。
鬼子さんには、惹き寄せる力があるのかもしれないですね。心の鬼しかり、我々然り。


と、ひとまず以上です。
これで1/6くらいです。
皆さん熱意がありすぎて涙が出ます!


次回の感想は、

大辺璃 紗季「登場人物えんさいくろぺぢあ」
鬼駆「イラスト『破魔』」
鬼駆「イラスト『睡魔』」
歌麻呂「詩『おすそわけ』」
苳野瑞希「イラスト『こにぽん3周年!』」


の五本をお届けしたいと思います!
それではまた!
スポンサーサイト

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。