ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じょがぁだよ。やいやい。

201007291540002.jpg


予備校行く途中で見つけた民家の解体現場。
雨降ってるなか携帯で撮ったのでダメダメなピクチャですがどんまい。


小さくて見えないかもですが、パワーショベルがガラクタに乗り上げて停車しております。


201007291540001.jpg

別視点。



いやしかし、間近で見るとパワショさんめっちゃ大きいんですね。

うーん、さすが男のロマン、建築機械。


とにかく、壊れた家を見ると、災害や戦争ってのがどんなにひどいものなのかよくわかりますね。












……うん、

特にオチは考えてなかったんだ。
スポンサーサイト
どうも、どうして私がじょがぁでないのだろうか、いや、じょがぁです。

漢文で「反語」のあれこれを学んで、感銘を受けたじょがぁが何ぞ普通な文章を書かんや。


(便宜上和漢言文混合文で書かせて頂く結果、いかんぞカオスにならざらんや)


さて、そもそもこのネタが一発系というかで落ちのネタであるために、幾ばくぞ書き渡る。

……いや、分かってるんだけど、こんなにも受験生らしい記事、何ぞ評価せざらんや(疑問)


「なら受験生よ、今の君に勉強以上に大切なものがあると言うのか?」


(゚Д゚)










諦めた。
そこで諦めんなお前! どうしてそこで諦めるんだそこで!! とか言われちゃいそうですが、さておき。

うーん、漢文は「大変」ですね。

レ点とか上下点とか、そういうのはやってて楽しいんですが、漢文特有の言葉ってのを覚えるのが大変です。
とにかく、今は頑張るしかない、と。

……その前に英語ですがね^^;


わーお、久々に受験生っぽい話をでっち上g書けたような。

予備校でこの記事の原稿を書いた甲斐があtt(強制終了
どうも、じょがぁです。

例のディスクを会長に渡しました。上映が楽しみですね^^

まあ色々あると思いますので、ブログ上では一切お話しないと思います。




さてさて、今日塾帰りに本屋行ったら



テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/07/23)
滝川 廉治

商品詳細を見る



思わず買ってしまっていた。

なにこの衝動買い。

最近急性読書中毒が治まってきたところなのに……。




うん、まあそんな感じの日々です。




ちなみに追記の展開▼で、世界史メモです。

⇒続きを読む

某レンタルショップT屋前の自販機に、念願の7UPクリアドライを手に入れたぞ!


CIMG1081.jpg


ええ、買い占めてあげましたよ(まさに外道


どうも、(クリアドライを見て)母親に「お酒? お酒でしょこれ。お酒は二十歳からよ」と言われたじょがぁです。
(セブンアップクリアドライはカロリーオフの炭酸飲料です)


カフェイン60mg配合だぜぇ……。
(従来のセブンアップには配合されてません)


ちなみに体重60kgの方が一時間に390mgのカフェインを摂取すると急性カフェイン中毒に陥ります。

つまり、こいつを6、7本飲めば体験できるってワケです。
うん、そんな人じょがぁくらいしかいないと思うので、とっても安全設計ですね。


ちなみに8/3(火)にペットボトルver.が登場します。
そうすればスーパーやコンビニでも売られるかな……?


ペプシのストロングショットといい、これといい、サントリーは我々の味方です!


以上、カフェイン中毒のじょがぁがお送り致しました。






ついき

某レンタルショップT屋に、思いがけず『ナルキッソス』が売ってて驚いた。
形成を立て直して……くくく。
錆付いたママチャリでさっそうと登場した男。
黒いTシャツに縞のYシャツを羽織り、
長いジーパンにはベルトがされておらず、
頭には白い帽子、
顔はサングラスとマスクで覆い、
黒の手袋を施した腕には緑色の棒を持ち、
ポケットにはエアガンを装填し、
誰も立ち寄らないような人の背よりも高い草原を掻きわける……。

どうも、じょがぁです。


昨日、前々から気になっていた場所を探検してきました。

ちっこい子の冒険心でも行かないような、それぐらい生い茂ってる草原です。


ああ、遠景もうつしておくべきだったなあ、と思いつつも、同じ場所から三方向に撮った写真を載せておきます^^


CIMG1078.jpg


まず一枚目。
大体じょがぁの目線に合わせて撮りました。
何となくトウモロコシ畑って感じがする(?)かもですが、こんなのがうぇるかむ言ってました(苦笑

ちなみにこいつら(多分)全部オオグタクサです


秋になるとその花粉によって花粉症を引き起こします。


杉林ならぬオオブタクサ林ですね、ええ。


CIMG1080.jpg


同じ所からの写真。

でっけえオオブタクサたち。
うーん、なんとなく元気がないように見えます。
というか、生き物らしい生き物を一匹も見ませんでした(汗
そういう土地らしいです(笑

ちなみに下の方、なんとなく見える白いものは地面です。

いや、地面というか枯れ茎と言った方がいいかもですね。
大体膝位の高さにまで積まれていて、雪の上を歩くように進まないといけないんですよね。

しかも蔓が邪魔邪魔で仕方がない……。


CIMG1079.jpg


ラストの同じ地点から。
この写真でどこから撮ってるのか分かった人がいらっしゃいましたら、三時間くらい話せそうですね^^;

しかし、果てしないな……。



んで、ここを歩いてみた感想は、もちろん暑くてジメジメしてたのはそうなんですが、
それ以上に臭いが強烈でしたね。

というのも、ここは某川の河口付近の河原でして、汚物が少しずつ溜まって出来た場所なのです。
なので臭くない方がおかしいくらいなんですが、ええ、この臭いものが海にも流れているのかと思うとぞっとしますね。

しばらく歩くと草の生えてない泥濘(潮が引くと陸地になる場所)がありまして、そこは羽虫の聖地でしたね。
まるで泥全体が死んだ人の身体のように、ワッと群がってるんですよ。あな恐ろしや……。



さて、こんな所へ行った自分が言うのもあれですが、
正直言ってここは危険です。

いや、ここが危険、というわけではなくて河口付近である、ということがそうです。
万一潮が満ちて陸地と分断してしまってはもうどうすることもできません。

それに先程言いましたがオオブタクサはスギ、ヒノキに次ぐ花粉症患者の多い植物です。
花粉症が悪化した、または花粉症を発症してしまった、なんてことがあるかもしれません。

また、ここの探索は最悪の場合遭難する可能性があります。
いえ冗談ではなく。
日差しと湿気やら思うように足が進まずやら……草原のど真ん中で熱中症にでもなったら恐らく死にます。
しかもほとんど人の気配のない場所なので、冬になるまで発見されず……なんてこともあるかもしれません。

こういう探検することは自由ですし、時によれば勉強より大事なものですが、
準備を万全にし、もしもの事態にも対応できるようにして下さいね。
無論、じょがぁは責任負いませんが……。



まあとにかく、意外なほど身近なところに秘境ってのはあるもんなんですね。




あ、思い出したように書きますが、
こうしてオオブタクサが元気よく育っているのも、上流から流れた出た様々な有機物を栄養にしているんだと思います。
オオブタクサは花粉を出して人々を苦しめますが、一方で人間の汚してきたものを浄化する作用も兼ね揃えているんですよね。

ああ、まるでナウシカの世界じゃないですか。
こんな身近な場所に、ナウシカの腐海があったんだな……。
なんかまだ(7/23 1:00a.m現在)頭が痒いですが、得たものは確かにあったな、と。


アフォなオチを考えてたんですが、今回は真面目落ちでご勘弁^^;
どうも、作業用BGMです。




はい、クラシック。
短調って哀しいイメージあるから敬遠してたんですが、ええ、素晴らしく美しいですね。

まあ自分は音楽詳しくないので素晴らしいってのがとっても表面っぽく聞こえてしまうかもですが、
「これぞ!」って感じなんですよ。ああやっぱダメだ。どうにかしろ文学少年。


まあ、そんなわけで、クラシック、たまに聴いてみるといいですよ^^
付録、アウトオオオオおお!!!

夕子さんエロすぎです! 思わず開けて眺めてしまいましたよ(苦笑


はい、そんなわけで今月もガンガンJOKERの日がやって参りました、じょがぁです。


今月の表紙は「妖孤×僕SS」でした。
書き下ろしのブックカバーがふつくしいです。ここあさんはやっぱし淡い絵がうまい。


あ、ちなみに八月の新刊は、

「うみねこのく頃に Episode3:Banquet of the golden witch 2」
「ひぐらしのく頃に解 祭囃し編 4&5」
「はつきあい 1」
「アカメが斬る! 1」
「死神様に最期のお願いを 2」
「ひまわり 3」
「レール・エール・ブルー 2」
「ラブ×ロブ×ストックホルム 2」
「皇帝の花嫁」

の合計10巻が発売。
量もそうですが、質のいい作品ばかり。
ちなみにGファンタジーとガンガンONLINE、画集含めると
竜騎士07さんの作品が7冊同時発売なのだそうです。
が、学生さん泣かせですね(汗

ちなみに8/21(土)オンセールです。
いつもより一日早い発売ということで、買い忘れるフラグが立っております(汗



鳴見なる「絶対†女王政」

入学式にて、会長入場→天上から落下→突き指
天井から落ちる、何故天井から落ちて突き指(しかも足ではなく手)だけで済んだ?
会長さんといい女王さんといい……不思議な方ばかりだなあ。


カザマアヤミ「はつきあい」

おや、今日は珍しく大人なはつきあい。
清水の妄想がいちいち可愛いw
そしてそう、このツンデレの枠に入らないデレが、はつきあいの醍醐味なんだろうと思う。


タカヒロ 田代哲也「アカメが斬る!」

前回のルーレットの縁もあってか、「はつきあい」の次ですね^^
まあストーリーはそんな甘い展開ではなく、かなりヤヴァイ状況だけどね。
心を読む帝具スペクテッド……。さあどう出る?


七海慎吾「戦國ストレイズ」

すごい、道三さんもう歳なのにこの動き。
最後の最後で士気を上げさせるこの才能。
燃えるなあ。


横山知生「私のおウチはHON屋さん」

あらすじに登場する本が段々上級マニア向けにww
相変わらずオチが読めるけど美優ちゃんが可愛いから許す。
グラサン無口だけどカッコいいなあ……。


檜山大輔「ひまわり」

アリエェェェェス!!!
怖いよアリエエエエエス!
あ、別にアグネスとか言ってないからな?


藤原ここあ「妖狐× 僕SS」

野ばら姐さんがカッコいいお姉さんに……!
いや、まあ変態だけど。むしろ変態に磨きが掛かっているけども。
そして野ばら姐さんに敷かれる反ノ塚君……ん~、メニアック!


夏海ケイ「うみねこのく頃に Episode3:Banquet of the golden witch」

ヤヴァイ、分からねえ、なにこの暗号。
これを思考停止せずに解けって言うほうが残酷だ……。
しかし、相変わらず先生凄い執筆速度だな。


高坂りと「“文学少女”と死にたがりの道化」

来ました急展開!
終わりで終わらせようとしない“文学少女”にハラハラ。
いやまあ、多分一人で興奮してるだけなのでしょうけども。


山口ミコト「死神様に最期のお願いを」

「その台詞を以って僕の脚本は終局です」
ラストの舞台を相手に演じさせてもらうの好きだよなあ。
いや、そこがいいところなんだ。マジで。


忍「ヤンデレ彼女」

プリンセスマミーは東映株式会社の権利を侵害していたため、または申し立てがあったため削除されました。


松本トモキ「プラナス・ガール」

槙君やっぱカッコいいなあ。こう、カッコよく見せないところがカッコイイというか。
自然体でも美しい……。
うん、いい最終回だった(まだ続きます


木村太彦「瀬戸の花嫁」

Oh! 素晴らしく展開が読めない(汗
何が始まるんですと聞かれたら全面戦争だってことしか書けないが……。
話が結構進んだあとで休止しちゃったからなあ、いい作品なんだけども。


鈴羅木かりん「ひぐらしのく頃に解 祭囃し編」

うおお、すげえ、大人が全力だよ。
大人らしくもない、と思いながらも本気でやってのけてる皆さんのことが大好きです。
次回から両勢力が本格的にぶつかる、か?


小林尽「夏のあらし!」

谷川俊太郎の詩が話を盛り上げていて、
この話が谷川俊太郎の深味に気付かせてくれたような。
先生凄いよなあ。スクランと全然違うもんなあ。


村田真哉 いふじシンセン「アラクニド」

一体この世界のどこに
「蜘蛛にはμm単位の糸の操作を可能にする第三の爪によって糸を精巧に操ることが出来る」
なんて解説を付ける漫画があると言うのだろうか……。これです。


尚村透「失楽園」

レイコ可愛いよレイコ。もうテンプレ化してるけどこの台詞。
そしてやっぱし予想通りの展開中。
これが23分間の奇跡ってやつなのか……?


小島あきら「わ!」

うーん、努力の方向を間違えると、返って無駄な努力になったりするのか?
しかし、振り返ってみると菊川可哀相だな……。なんで目潰しされたんだっけ。
それ以上に不憫な扱いだったのは初登場の柳太郎君……。


水鳥なや「お母さんは魔女っ子」

ギャグ合戦を勝ち抜いた作品。
魔女っ子でもお母さんはお母さんか……。
ダイエット頑張ってくれ!


吉辺あくろ「絶対☆霊域」

これはセンターカラーの有効活用。先生はこの日を待っていたのでしょう。
いかるお兄ちゃん探し。と思ったらそうじゃなかった。
もしかしたら一生探さないつもりなのかもしれない。さすがです聖一さん。


めいびい「黄昏乙女×アムネジア」

もの思いにふけてらっしゃる夕子さん。
『あなたはとても綺麗』
素晴らしい皮肉だよなあ。


河内和泉「EIGHTH」

相変わらずアツいなおい。
『ロマンがなくて警護なんかやってられっか!』うーんカッコいい。
トリニティのボケが次にどう繋がるのか見物。


篠宮トシミ「コープス・パーティー」

あれ、なんか普通にいい話だぞ……?
というか、え、すげえ、なんで自分泣いてんの?
疲れてんの、かな?



こんな感じな本編でした。

ラスト戦国GAG合戦、よかったですね。
「ドジモバ。」さんがラスト勝ち抜きしてくれたらいいなあ。


さて、来月は新刊もたくさん出る、ということでセンターカラーも多かったりします。
「アムネジア」が表紙のようで、果たしてどんなものになるのか……?
CIMG1077.jpg

どうしてこうなった。

※靴紐が切れてるのではなく、靴本体が切れてしまっています。

特にスタンドを下ろしながら自転車を停めようとしたら紐が引っかかってそのまま転んで、隣に駐輪していた誰かの自転車も倒し、挙句の果てには近くでアイスを舐めてた少年数名に見られたけど見て見ぬフリされてたりなんていう理由はないから気にすんな!


どうも、じょがぁです。


えーっと、なんか今日が夏休み最後の学校だったみたいですね。
ええ、青春の夏です。
ま、じょがぁは勉強地獄……になるといいんですが。


『本気になれば自分が変わる、本気になれば全てが変わる』

という修造のアツいメッセージを心に刻んで、イケてまーす! な夏休みにしたいと思います。


さて、まず明日はガンガンJOKERを買って、マンガを買って、川を探索する、と。
どうも、じょがぁです。
ふと読んだ古典作品『五葉』に感銘を受けまして、ぜひ皆さんも読んでほしいなあ、というわけで、じょがぁ訳の『五葉』の一部を是非読んで下さいませ^^

無論、じょがぁの翻訳なので尊敬語とか謙譲語とか軽く無視してるよ!
妄想で本来ない文が入ってるかもだけど、大体合ってるから気にすんな!

それとなんか古典っぽくない雰囲気出してるけど、それが古典のいい味なんだぜ!
古典が苦手だけど大好きなじょがぁのススメと言うわけでどうぞ!



あらすじ

妻に先立たれた皇子(みこ)が帝の妻である后の宮(きさいのみや)に預けた子どもたちの元へ訪れる。そんなお話。


 『その時』が近付いてきますと、皇子は子どもたちを恋しく思う気持ちが募りに募って、ついに后の宮の元へ行くことにしました。
 屋敷に入ると、若君は無邪気に走りまわっていましたが、皇子を見つけますと后の宮に伝えようと宮の元へ走っていきました。
「お父さんが来たよ!」
 若君がそう言うのを、宮は微笑んで見ていました。
「さあ、こちらへ」
 皇子は后の宮の御前に座ると、色々なことをお話しました。
 宮に抱っこされている姫を見て、父である皇子は(ああ、可愛い……)と見ているのでした。
 しばらく見ないうちに姫もずいぶんと成長しました。
 にっこりと笑う様子がとても愛らしく、皇子が近付くと片言ではありますが言葉を発することが出来るほどです。
 しかし、その溢れんばかりの笑顔を見せる顔が、亡き妻の面影をそっくりそのまま写しとっているように見えたのです。
 皇子は耐えきれず目の前が真っ暗になるほどお泣きになりました。
「私も悲しく思いますよ。『見るに心は(※)』という歌のようですね」
 宮は涙に濡れた目を拭って言いました。

※『見るに心は』……しのぶ草 見るに心は 慰まで 忘れがたみに 濡る涙かな
 昔を思い出すのです。見ると心は穏やかでなくなって、あなたの残した子どもに涙をしてしまいます。
 死別した妻を思って詠んだ歌と推測。


「妹を見に来たよ!」
 若君がやってきました。
「この子は可愛いと思わないか?」
 皇子が尋ねると、若君はぶぶんと首を横に振りました。
「そんなことないよ! だってこの子が生まれてから后の宮様はずっと抱っこしてるんだもん! 僕のこと、前みたいに抱っこしてくれなくなっちゃったんだよ!」
 不満顔で言っていたところがどこかあどけなく、皇子は笑いました。
「いつまでも抱っこされようと思ってるのか。お前はお兄ちゃんなんだから、ちゃんとしっかりするんだぞ」
「いやだい! 僕はこの子よりずっと后の宮様と一緒にいるんだもん! この子は最近からだもん! 僕が抱っこしようとすると『落としちゃうからダメ』って言うんだ。僕がいるんだから、この子はいらない!」
 反発の言葉を口にしつつも、妹に対して関心のある素振りを隠しきれていません。
「あら、なんて可愛いのかしら」
 ぽそっと呟き、宮は温かい笑顔を見せました。
「ごめんなさいね、若君はいつもこのように聞き分けのないことを申し上げなさるのですよ」
 皇子は宮と若君のことが気がかりになりました。
「若君や、子どもっぽく駄々をこねるんじゃない。いいか、大人らしくなって、宮の御心が休まるようにふるまいなさい」
 そう若君を引き寄せて言いました。
 しかしながら若君には全く効き目がない様子で、なんとも思っていません。
 いよいよ皇子は心配になっていきますが、それを隠して笑います。
「はは、この子が大人らしく成長するであろう様子を見られないようです……」
 その口調はとてもしょんぼりと悲しげでした。
「ど、どうしてそのようにお思いになったのですか?」
 縁起でもありませんわ、と宮は不審に思っています。
「いやあ、妙にもの思いにふけっておりましてね。この世に長く生きられるように思えませんで……」
 皇子はごまかしました。
 本音を知らされるよりかは、こう言った方がいいと思ったのです。
「な、なんと不吉なことを仰るのですか!」
 事実、后の宮は驚きます。
「そこまで思いつめないで下さい!
 ……死別というものは決してこの世に例のないことではありません。心の底から愛して、この世を去っても一緒にいようと誓いあった人でも、相手が亡くなって時が経つと忘れ草を育てるように忘れてしまう、というのが世の常なのです。
 もちろん、だからと言って二人の愛が浅いというわけではありません。そのように忘れてしまうことが返って苦しい思いをしない、ということなのです。
 きついこととは思いますが、ただもの思いに沈んで、ひどく塞ぎこんでいらっしゃるのは全くお話にならないほど未練がましいことですよ。
 せめて『忘れ草』にゆかりのある『住吉の岸』だけでもお訪ね下さい。そうして、悲しみをお忘れになって下さい。
 そうすれば、どなたも悲しい思いをなさらないでしょう」
 宮が言い終えると、親王はしばし考え、口を開きます。

  つみぬべき 忘れ草さへ うき身には 人をしのぶの 色に見えなん
  =摘み取って亡き妻のことを忘れてしまおうと思う忘れ草でも、辛いことばかりの私には亡き人を恋い偲ぶ忍ぶ草の色に見えて、余計に思いが強くなってしまうでしょう。ですから私は摘み取りません。

 和歌をお読みになるのを気の毒に見ていた宮も返歌をします。

   尋ねても などつまざらん なべて世の うきを忘るる 草葉ばかりは
   =住吉の岸を訪ねていくのに、どうして摘み取らないのでしょうか? ……いいえ、摘み取れますよ、世の中の苦しいことを全部忘れさせてくれる忘れ草ならば。

 后の宮は和歌やその他でも親王を慰め、元気づけようと色々心遣いしてくれるのを見て、皇子はとても申し訳なく思いました。
(もし自分の心の内をお見せしたら、どんなに悲しくお思いになるだろうか……)
 そのことをどうしても言えないことに耐えきれなくなりますが、皇子は何事もなかった様子で本心を隠して宮を出ました。
 そしてそのままその夜、一目に付かないようこっそりと自宅を出ました。
 頼れる仲間を二、三人だけ連れて、三井寺に向かいます。
 普段から親しくしていた阿闍梨(あざり)の手によって、髪を切り、出家するのでした。



以上です。

当時、出家するということは家族と会えなくなることと等しいことでした。
皇子は子どもたちの将来が気がかりなまま、仏の道を歩むのでした、というちょっと悲しい結末です。

伏線が張られた味のあるストーリーもそうですが、何より人物が立っているところが素晴らしいと思います。

主人公の皇子が抱える、言いたくても言えない秘密。
姫の容貌を見て妻を思い出してしまうところから窺うに、とても奥さんを愛していたんだろうなあと思います。

帝の妻、后の宮はとても優しくて、同時に経験豊かな母親の厳しさを持っています。
皇子の言い訳の応答シーン、あれ原文だともっとキツイこと言ってます^^;

それから皇子の子どもたち! うわああ、可愛すぎるよぅ! ちっこい子が可愛いのは今も昔も変わらないようですね。
若君のワガママ、あれもずっと変わらないものなんですね。しかし若君も姫も愛されてるなあ。


自分もまだ『五葉』はこの文章しか読んでないのですが、機会があったら読んでみたいです^^
いやしかし、この作品は江戸に書かれたもので、恐らく市場には出回ってないんだろうなあ……。

ま、とにかく、古典ってのは決して『昔のこと』じゃないってことですね。
ぶっちゃけ若君のワガママに感銘受けてブログに書いたわけですし。

『源氏物語』もあらすじだけ読むと「これなんてエロゲ?」と言いたくなりますが、
初めからゆっくり読み進んでいくと、『日本の心』が分かるんじゃないですかね?



まあ、そんなわけですけど、もしまた何か心に響く作品を見つけましたら(暇がありさえすれば)載せていきたいと思います!




これ、著作権大丈夫……ですよね?
今日中に作業の第一工程を終わらせたいものですね。

どうも、じょがぁです。


夏期講習一日目、なんとか終了です。

午前中は学校の講習に赴き、午後は某塾へ乗り込みました。
塾って凄いですね。なんか分かった気分になっちまいますwうはww


ま、あれですね、予習復習が大事なんでしょうね。
さて、明後日から力入れるって感じで頑張っていきたいと思います。

とりあえず作業を早いところ終わらせて、夏休みまでには上げたいものですね。
(ただそうだと推敲が出来ないのが惜しい……)




んで、昨日の話。

夏休みにいっぱーく! とかなんとか言って千葉までちゃりんちゃりんしようと思ったんですが、さすがに両親から『オブジェクション!』喰らいました^^;
※日本語訳:私は夏休みに一泊二日で千葉まで自転車で旅行しようと思いましたが、親から『受験生でありますので自重してください』と仰られましたので断念致しました。


やるなら半日で行けるようなところ、だそうです。


んー、それなら……


真鶴


なんてどうでしょうか?

あな名勝三ツ石の日の出……。
(んなもん見られませんけど)


ま、詳しいことはまたあとで決めましょう。


ちなみに三ツ石周辺は自殺の名所でも有名なんだとか。
某短編小説『ウサギ』に描かれた清子もここで死んだとか。


つまりそれくらい切り立った崖で、リアス式海岸バッチコイな地形らしいです。

神奈川の海といえば江ノ島に由比ヶ浜のきれいな砂浜ってイメージがあるかもしれませんが、あんな海岸は大磯~鎌倉にかけてだけですからね。
大磯なんて海岸として整備される前は岩礁地帯だったっぽいですし。いや確たる証拠は持ってませんが。

小田原~二宮間にも砂浜ぽいのはあるっちゃありますが、浜になってるところがかなーり少ないですからね。ええ。
(ああでも東京湾に面する三浦海岸は綺麗だった記憶が)


とにかく、神奈川は岩岩岩なのです。
よって、海沿いでも山登りになるかもですが、まあそれはそれでいいかなと。宮ヶ瀬みたいに峠越えるわけじゃなし。



はい、なんか後半戯言になってしまいましたが、そんな感じです。


追記の展開▼でコメント返信です。

⇒続きを読む

 家に帰るとメールが来ていた。
『一緒に学校行ってもいいですか?』
 そのメールの主は、まだ一回しか会ったことがなくて、ほとんど何も知らない後輩だった。
 髪を染め、言動も今風で、どちらかというと僕のタイプではない。
 だから無視して、一人で登校しようと思った。
 自転車を出し、庭から出る。
 唖然とした。
 彼女がそこにいたんだ。
 何も持たず、何にも乗らず、ただ立っていて僕を見ていた。
「来ちゃった」そう彼女は言った。
 戸惑った。どうすればいいのか分からなかった。でも彼女は許可なく後ろに乗るんだ。驚いてしまった。どうしよう?
 そのとき雨が降ってきた。最近巷で騒がれてるゲリラ豪雨というものだろう。
 僕らの髪を濡らし、すぐにYシャツは透けて肌に張り付く。
「危ないから降りよう」
 こんな雨じゃ、一人でも滑りやすい。慣れない二人乗りなんてしたら簡単なカーブを曲がるだけで転びそうだった。
 でも彼女は一向に降りる気配を見せない。それどころか、僕のお腹に腕を回し、力を込めた。
 そのまま行って。
 無言の懇願だった。
「しっかり掴まっててくれよ」
 断られるものか。もう行くしかない。ペダルに力を込める。
 最初の十メートルは蛇行してしまう。エナメルバッグを荷台に置くのとは違う。
 軌道に乗り始めると自転車はぐんぐんとスピードを上げて雨を切り裂きながら進んだ。
 彼女が後ろで勢いを付けてくれる。ぐわん、ぐわんと体重を前に掛けてくれるにつれて速度が上がる。
 凄く楽しかった。脇腹を掴まれたときはくすぐったくて体をよじらせたけど、彼女と一緒にいると安心できた。
 もっとも、事故を起こすまいといつも以上の不安に包まれていたわけだけど。
 自転車は進む。
 また脇腹を掴まれる。どうやらツボを見つけたことが嬉しいみたいだ。
 それでも自転車は進む。
 もっと先へ、さらに先へ。
 どんどん前へ進んでいく……。










という夢を見たのさ!


どうも、マジで久しぶりの夢オチを体験しました、じょがぁです。


そろそろ夏休みなわけですけど、どこかへ行きたいですね。
受験もありますけど、高校三年生の夏は人生に一度しかないわけで、勉強しかやりませんでしたってのも味気なしですからね。


うーん、行くとしたらそうですねえ……。


千葉


なんてどうでしょうか?



→藤沢→横浜→川崎→東京→浦安→市川→船橋→習志野→千葉→ホテルだす→市原→袖ヶ浦→木更津→君津→富津→フェリー→横須賀→葉山→逗子→鎌倉→藤沢→

こんな感じのルートで一泊二日!

うーん、是非ともやってみたいものだ……。


まあ、まだ計画段階なのでなんとも言えませんけど。


しかし、総距離約240km。フェリーに乗ってる約10キロは休めるものの、一日120kmという恐ろしいペース。

ま、なんとかなるでしょ。

そんなこんなで、時々楽しんでいきたいものですね。
登校するときに車の通れない細い道を自転車で走ることになるんですが、そこに木の枝が落ちてたんですよ。
んで、そいつを全力で踏みつぶそうとしたら、なんとその枝が動いたんですよ。

ええ、枝じゃなかったんですよ。

蛇だったんですよ。

思わず叫びましたね。

\スネェェェェェク!!!/


って。

どうも、ウルトラソウルじょがぁです。


今日は学校でいろんな大学の方たちがいらして、各校の説明会がありました。
じょがぁは第一志望の某MARCHと滑り止め(語弊がありますが放置)の某大学の説明会を受けました。




じょがぁのやる気がレベルアップしましたね。
絶対に受かってやんよ!

そう思いましたね。


まあ、模試じゃあ『あと120点取らねえとC判定やらねえぞゴルァ』って言われてますが……。
今までのツケをここら辺から返していかないといけないなあ、と思いつつ、家からは『浪人? 何をたわけた小言を仰っておりますの?』と言われ、人生を賭けた背水の陣を敷いております。

わあ、なんか受験生っぽいこと言ってる!


とにかく、そんなわけでそろそろじょがぁも重い腰を上げないといけないっぽいです。
うん、一日一語でいいから英単語覚えておけばよかったなと切実に後悔しておりますが、まあこの後悔はある種体験しておいたほうがいいでしょう。

なんかよく分からない発言しちゃってるかもですが、多分それはペプシストロングショットのせい。


以上、頑張って行きましょう!
どうも、テストへんきゃーく、じょがぁです。


勉強なんてやってなかったので、予想通りひどい結果になりましたです。はい。
ああ、七十点八十点普通に取ってた高二の地理が懐かしい……。


というわけで晒しタイムです。じょがぁはMではありません。


例によって緑色が平均点以上オレンジが平均点以下赤が赤点です。


現文情報英語R世界史>>

~約21点の差~

>>AE英語W古典



なんか平均点行ってる教科が多い気がするかもですが、まともに平均点越してるのは現文だけで、あとの三教科は平均点に目が出てる程度の点数だよ!


無論、
平均以上の教科より21点以上低い教科に対しては言うまでもないよね!



そして何より、
一番勉強した古典で大失敗してるよ!


DA☆I☆KO☆U☆HU☆N



しかも、古典の大半がケアレスミスだという。
しっかり書けば10点は貰えたんじゃないのか……?

ま、過ぎちゃったことは仕方ない仕方ない。

向かうは受験! そう、毎回のテストなんて暗記すりゃ出来るんだ!
はは、そうだよ、そんなテストうんぬんするよりも、受験勉強やったほうが断然いいのさ!


そんなわけで、勉強頑張ります!






(という、現実逃避なのさ)
hyuuma03.jpg
「父さん、俺農園経営者になる!」


ども、特に意味はありません、じょがぁです。
最近読書ばっかりになっちまいましたなあ。ああダメダメだ、ダメダメ。

いや、読書すること自体はいいんですよ。それで睡眠時間がかなーり削られてるのも。
問題は、現在依頼されてるもののお話なんですがや。

うーん……。
なんとかしてそっちの進行を進められないものかね?

いやまあ、どうしようと自分の意志が全てだってことくらいは知っておりますが……。
意志のコントロールが難しい。ゴルフと同様で、ボールをうまいところに転ばすのが難しいんですよね。

無理矢理取り掛かろうとすると失敗するのが城ヶ崎クオリティ。
まあ依頼の内容自体はクリアできるんですよ。
下調べも十分ですし、骨だけでもなんとか自立できるくらいにはなってるかと思いますし。

しかしながら、うん、ついていけんのですよ、何かに。
まあ頑張りましょう。ゆっくりやっていけばOKだよね!
どうも、四年後にブログを読み返して悶え苦しむのが夢です、じょがぁです。

最近ようやく自分が文学少年やってるなあ、と思っている今日この頃です。
その自覚より受験生だということに気付いてもらいたいところですね!


アイの物語という小説を読んでます。未だかつてないページ数で最初は戸惑いましたが、でも普通に読めちゃうもんですね。
アラビアンナイトというか、人間の主人公が人工知能を持ったロボットに色々なSFの短編を読み聞かされる……簡単に言えばそんな概要で、飽きやすいじょがぁも飽きないからなのかもですね。

いや、まだ読み終えてないから感想なんて書けませんし、読み終えてもそれを書くかどうかは微妙なところです^^;


アイの物語、再読しよう。二度目はペンを片手に持って。


しっかし、小説って面白いですね。なんで今まで読んでこなかったんだろ。
そりゃ、読書中毒になられる方が大勢いるわけだ……。
城ヶ崎ユウキの詩
『エクスプロードしろリア充ドッカーン』



リア充爆発しろ!
あ―もーリア充なんて爆発してしまえばいいんだ!
うわああああリア充爆発爆発爆発どっかーーーーーん!!!
発破してやろうどっかーーーーーーーん!!!!!
爆発して爆発してしまえリア充!!!
爆発したまえリア充! うち爆発したまひねリア充!
リア充なんて、リア充なんて……うわああああああああああああん!!!!
爆発しちゃえばいいんだ! リア充なんて……うあああああああん!!!
くっそおおおおおおお爆破ああああああああん!
お前は同志だったはずだろおおおおおおお!!!????
今日だって、今日だって……!
それなのに、リア充だったなんてどう言うことなんだよおおおお!!!
お前「リア充爆発しろ」ってリア充に言ってたじゃねえかよおお!!!!!
リア充はお前じゃねえかよおおおおぅわあああああん!!!!
なんだよぉ、哀れみかよぉ!?
そうやって心の中では嘲笑ってんだろおおおお!!!???
少し前まで同じ仲間だったじゃねえかよおおおおおお!!!
俺たちをバカにすんなよおお!!!
まあこれ書いてる時点で敗北宣言と同義だけど知ったこっちゃねえ!
俺たちだって頑張って生きてんだよおおおおお!!!
チクショーーーーーーー!!!
俺たちは恨んでるんじゃねええええええ!!!
怒ってるんだよ! 俺たちを騙したその怒りなんだよおおお!!
ちくしょう、ちくしょう……。
付き合い始めてすぐに言ってくれれば、言ってくれれば……!
頑張れよって、応援してるぞって、そう言ってやれたのに。
それが俺たちだってのに。
なのに……お前って奴は……。
分かってるさ。そんなもん。そんなこと言えないことくらい。
同志なんだからそれぐらいわかる。
でもやっぱりうおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!
リア充爆発しろおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!
リア充爆発しろおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!
どうも、じょがぁです。
胸毛……というか右胸に一本だけ三センチくらいにまで伸びた毛があるんですが、その彼と運命を共にしていきたいと誓いました。

そろそろ予約投稿じゃなくて即日公開にしないとなあ。


というわけで、きっとラストバトン。


【ネタのバトン】


これはネタのバトンです。まぁ素直に書いてもいいけど…ちゃんと理由も書いてね。



ネタといわれてネタで書くと滑る確率高いよね!
ま、じょがぁはいつでも滑ってるから気にし……。





うち、受験生や……。



交通編

Q1 使っている交通機関は

水牛


Q2 それは何で

いと雅なりけり。



Q3 使ってみたい乗り物は

マークI
中狭いだろうけどね。


Q4 何を運転してみたい理由は

マークIを運転してみたい理由、と解釈。
いやだって、ロマンがあるからさ。


Q5 よくエスカレーターで中央や列からはみ出している人。どう思う

煮卵になっておしまい!


Q6 Suicaと切符どっち派何で

パスモのこと、忘れないでください……。
あとICOCAのことも……。


Q7 あなたは間違えて異性専用の車両に乗り込んでしまいました。どぅする

あれ、気まずいよなあ……(体験アリ)
というか、男性専用車両なんてあるのか?


Q8 痴漢現場に遭遇。あなたはどぅする

痴漢さんもびっくりな行動を取ればいいと思うよ。


Q9 あなたはタクシーの運転手。お客さんはメチャ好みの異性。どぅする

好印象を持たせるために、いつも以上に安全運転、さらに時間短縮に全力を懸ける。
(運転を終えて)自分「これで……良かったのか?」


Q10 飛行機に乗りました。やってみたい事は

垂直離陸。
どうでもいいが、離陸時に拍手するなよ、絶対だぞ!


社会編

Q11 首相になりました。あなたがしたい政策は

自衛隊にロボット部隊を設ける。
⇒各国の日本のイメージにより近付けることにより、国際的な地位の向上
⇒ロケットパンチ搭載だぜ!


Q12 あなたは銀行員。100億預かりました。どぅする

「暗くてお靴がわらかないわ」
「どうだ明るくなっただろう」


Q13 あなたは経営者。何を経営したい

ソフィアイラスト集
ソフィアフィギュア
ソフィアパズル
ぷちソフィア
ソフィア人形
ソフィアコスプレ
等身大ソフィアロボ
ソフィア


Q14 店にメチャ嫌いな人が来店…どぅする

この店を、店長を、店員を、ミサエを……何もかも、俺が守る!


Q15 お客さんでメチャ好みの人が…どぅする

結婚して下さい。
(殴り飛ばされる)


Q16 店に彼氏or彼女が来店。同性の同僚が接客中…どぅする

いや、うちに彼女なんていないさ。
でも妄想の中には存在する。確かに彼女は存在する。
その存在が確固たるものになった今、何をするべきか……。
そんなの、わかりきっている。
なのに……なのにだ。 ナノニ=ナノニダ(1987-)
どうして僕は動けないのだろう。
どうして彼女に近付けないのだろう。
そうか……それは彼女が抽象的なものにすぎないからなんだ。
今ユウトに接客されてるのも僕の幻想で、たどたどしくメニューを眺めているのだって空想にすぎないんだ。
でも、どうして?
どうして君はそんなにも明るく振舞ってるんだ?
どうしてそんなにやさしい瞳をしてるんだ?
僕が手を伸ばしても届かない。
見えない壁が僕と彼女を隔てている。
僕は何もできない。
でもせめて……。


選択肢
・彼女の名を呼ぶ
・現実を見つめる



Q17 あなたはモデル。何のモデル

マークI


Q18 憧れの雑誌モデルに抜擢。何の雑誌に出る

ガンガンJOKER 10月号


Q19 あなたはドラマの主役。ど~ゆ~ドラマで何をしてみたい

ねこぬっこあとらんちす(仮)


Q20 あなたは脚本家。どんなストーリー

ソフィアとぬこが戯れてる感じのが2クール続く感じの話。
ARIAに続く癒しアニメ。


Q21 あなたは漫画家。どんな漫画を書く

ソフィアがマンガを描くマンガを描くために努力する小説家のマンガ。


Q22 あなたは警察官。どんな人を捕まえる

ソフィアに異常なまでの愛情を注ぐ人。
ソフィアの店をオープンするくらいの人間がどこにいるのかは詳しい調査を必要としますがね。


恋愛編

Q23 生まれ変わったらどの性別がいい

何だかんだで男がいいなあ。


Q24 Q23の性別でしてみたい事は

次こそはネタでなく本気で行くぞ……!


Q25 大好きな異性が出来ました。どぅする

これは、戦闘フラグか……!


Q26 彼氏or彼女と連絡が取れません。どぅする

ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……ピポパ……ツーツーツー……


Q27 Q26の時、相手は何をしていると思う

あっちゃあ、携帯洗っちゃったよ……。


Q28 友情と愛情。あなたなら

揺らぐ揺らぐ……。
どっちつかず。
だが私は謝らない。


Q29 今、想いを寄せている人、彼氏、彼女に一言

私にときめいて死ね!


Q30 ギャグセンスが高い人orマイミクは誰

マイミク? 私にとってミクは一人だが?
無論仕事は選ばせないぞ。


Q31 オチを作ってくれそうorネタを回したい人は誰

……おちなし


Q30、Q31の人は必ずやる事足跡でバレますよ

足跡というのは、アクセス解析によってではなく、実際に砂浜及び砂場へ行って付けるものであり、また何かの記念や装飾として粘土版を踏んで作成するものであります。
要は、こんなのでバレたら世界中がプライバシーの侵害じゃけんの。



というわけで、意外と長かったですね。んのほーぅん。
雨やんだのかな? 城ヶ崎です。

現在、とある依頼がありまして、作品を書いております。

ここかHPで公開するかどうかは今のところわかりませんが、とりあえず今まで山行ったりどっか行ったりしたことを武器とした作品を作っております。
長さ的には……多分短編に入るのかな?

内容には触れないほうがいいだろうとの自主判断によって、この報告はこれをもって依頼主さんの許可が下りるまで一切書きませんので、そこらへん宜しくお願いしますです。
いやまあしかし、こんな城ヶ崎の文章に何かを感じて下さった方がいらっしゃるだなんて……嬉しい限りです。

城ヶ崎は、小さな子どもたちに夢を与えていきたいために、突っ走っておりますが、そうですね、今からでもその手助けが出来るように精進して参ります。


とにかくこの休日は書きまくって、来週辺り形に出来たらいいですね……。そのとき(ずっと?)公開はできませんが。


以上、独り言でした。いい夢見て下さいね^^
どうも、久しぶりの生更新です、じょがぁです。

えー、ようやくテストが終わりました。
といっても、なんかテストって気分じゃありませんでしたが。
四日間何やってたんだろうなあ、って感じで過ごしてしまったような……。

まあとにかく、これから色々と忙しくなると思うんで、宜しくお願いします^^


……と、ひっさびさにつまらん更新になりましたね(汗
うーん、ここらへんしっかりとしないとなあ。

早く翼の生えた少女の続きが書きたいですね。
それと、とあるSF小説も書いてみたいという。

じょがぁの勘が、これからのライトノベルはSFへ行くだろうと言っているのです。多分当たらないけど。
そのためにもSFを勉強しないといけない……というかその前に一般常識雑学専門知識を叩きこまないとな。


まあ、そんなわけですけど、これからも構って下さると嬉しいです^^
多分更新が減ってくかと思いますが……。
Q.はっはっはっはっは、何をしようというのかね?
A.バトンです。



どうもじょがぁです。バトンバトンバトンニコニコバトンです。
というワケで本日はこちら。


ムスカバトン


◆ジブリの名作「天空の城ラピュタ」の悪役「ムスカ」さん。彼のセリフに対して,それとなく反応してみましょう。


ムスカ「その語彙で私とやり合うつもりかね?」
じょがぁ「ふ、甘く見ないでもらいたいね」



01:私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。
⇒俺は地神王じょがぁ。地底を司る者だ。


02:…君のアホ面には、心底ウンザリさせられる。
⇒おっと、これは仮の姿だ。しかし、まだ真の姿を現わすには早すぎる……。


03:言葉を慎みたまえ。君はラピュタ王の前にいるのだ。
⇒王? ふっ、笑わせるな。神の下に王はいるのだ。ひれ伏すんだな。


04:君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだよ。
⇒惰天使、というワケか。面白い。


05:私に協力してほしい。呪文か何かを君は知っているはずだ。
⇒この俺の力を使うとはな。なかなか高慢な奴だな。


06:どんな呪文だ!教えろその言葉を!
⇒後悔させてやるよ。エタァァァァァナル……フォォォォォォス……ブリザーーーーード!


07:素晴らしい!古文書にあった通りだ!
⇒その古文書……まさか、天界王ゼウスの書いた……!


08:これは僅かだが心ばかりのお礼だ。とっておきたまえ(チャリーン)
⇒……悪くない。


09:ハッハッハ!見ろ!人がゴミのようだ!
⇒ハッ、ゴミクズが。


10:私と戦うつもりか?
⇒勝てると思ってるのか? 俺のエターナルフォースブリザードを見てもなおほざけるとは、ゴミ以下だな。


11:3分間待ってやる!
⇒その余裕、一発で打ち消してやる。ハァァァァァァァァァァァアァァァァァァ……。


12:時間だ!答えを聞こう!
⇒エタァァァァァナル……フォォォォォォス……ブリザーーーーード!


13:何をする!?
⇒ふっ、不発のようだ。命拾いしたな。


14:返したまえ!いい子だから!
⇒この邪気眼は……俺のものだ! 渡しはしない!


15:私をあまり怒らせないほうがいいぞ。
⇒ほざいた口が。やってみろよ。


16:…来たまえ。ぜひ見てもらいたいものがある。
⇒ふぅん、この俺の心を揺るがすことが出来るかな?


17:見せてあげよう。ラピュタの雷を!(解説:旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね。)
⇒これが……天界神の力か。


18:へぁぁ~!目がぁ~、目がぁ~!
⇒くっ……。しかし、俺は死なねえ。必ず行き抜いてみせる……っ!


19:ラピュタは滅びぬ!何度でも蘇るさ!
⇒それなら、何度もぶっ潰すのみだ!


20:次にバトンを回す人類を、私と同じ口調で指名したまえ。
私だ、ムスカだ。
通信回路が破壊された。これより全部隊は私の指揮下に入る。
……バトンかね? ハッハッハ、そのままドラッグしたまえ。
コピーし、君のブログに張りつければいいのだよ。

そうだ、大人しく私に従えば宜しい。
これは少しばかりのお礼だ。とっておきたまえ(チャリーン






ムスカのような悪役、最近出てきませんよね。
そんな感じで、今日はこの辺でどうもでした。
【 口調バトン 】

口0:絶対掟は守ること。
口1:回された人は回してくれた人の指定したキャラの口調で日記を書くこと。
口2:日記の内容は普段書くものと同じで構わない。
口3:回されたら何度でもやること。
口4:アンカーを突っ走る事は禁止されている。
口5:口調が分からなくてもイメージ。1人称もそのキャラのものにすること。
口6:これ以外のバトンとか貰ったら、その回してくれた人の名前もキャラなりの呼び方にする。
口7:最後に回す人を絶対4人指定すること。



と、統流! こんなもん見つけないでくれる!?
アンタねえ、わざわざ私がやらなくちゃいけなくなるのよ? それ分かってて押入れにこんなもん隠してたでしょ!

……仕方ないわね、やってあげるわよ。



奏よ。
今日は城ヶ崎に代わって更新を担当するわ。


とは言っても……最近書くことがないのよね。
これだって予約投稿でしょうし、即日の新鮮なお知らせが出来ないのは痛いわ。

ホント、あのバカは無理難題押し付けるんだから……。

仕方ないわね、今日は私のよく聴くBGMを紹介するわ。

私は読書中に聴くんだけど、勉強とか食事とか、自由に使ってやってよね。





木管五重奏というのは、フルート・オーボエ・クラリネット・ ホルン・ファゴットでの演奏を指すことが多いわ。
その言葉を知らなくても、ホルストの『惑星』なんて聴いたことのあるんじゃない?
あら、統流は聴いたことないの?
……でしょうね。アンタが音楽聴いてるとこ想像すると寒気がするわ。






この投稿者の曲集は昔からよく聴いてるわ。長さが丁度いいのよ。
特にこれは導入がよくて、ネタ曲も少ないから読書の邪魔にならないのよね。
ヘッドフォンなし、音量小さめで垂れ流すのがオススメだわ。
出来れば三次元立体スピーカーで聴きたいところだけど……そんなのそこらじゅうにあるワケないか。






恐らく世界でもっとも有名なRPGシリーズといえばファイナルファンタジーじゃないかしら?
個人的には、ドラゴンクエストよりもファイナルファンタジーのほうが好きなのよ。
それで、この曲集は癒し系って書いてあるけど、どちらかといえば感動系って言ったほうが正しいわね。
特にセリスのテーマ、ティナのテーマを聴くと込み上げてくるものがあるわ。




う、うるさいわねっ! VIしかやったことないのよ! 悪い!?



こほん。ごめんなさいね、駿河が変なこと言って。



それじゃあ私の出番はおしまい。
最後に回す人を四人指定するのね。

ちょうどいいわ、統流、吉佐美、慶二、いずみ、お願いするわ。
他にもやりたい人がいたら……あら、駿河、何かしら?




それで、追記の展開▼で返信があるわ。

……なに、これも私にやらせるの? それ、失礼すぎない?

⇒続きを読む

というわけで、予告投稿三日目。

どうなんだろう? みんな飽きてんのかな……?
だが私は謝らない。


【どっち派バトン】


~あなたがどっち派かを教えてね~

日本人がそうなのか、現代人がそうなのかは分からないけど、選択肢ってのは二択三択なんかじゃないんだよ……?

まあいいや。いってみよー!


・自分編
01.占いを信じる?信じない?
→断じて信じません。そういう思想です。


02.食べ物の好き嫌いある?ない?
→どうしてもアボカドはダメだなあ……。栄養あるのはわかるんですがね。


03.ホラー映画やお化け屋敷好き?嫌い?
→嫌いですよ、ええ。いきなり画面一杯に血みどろ男爵が現れたら泡吹きます。


04.山と川どっちが好き?
→昔は川でしたが、今は山ですね。この時期は蒸し蒸し暑いですが。


05.夏と冬どっちが好き?
→昔は冬だったんですが、最近夏もいいなあって思うようになりました。というか、四季に好きか嫌いかなんて言ってたらインドネシアの方に怒られそうな気がするぜ……。


06.変なクセある?ない?
→ありますよ。多分。というか、じょがぁ自身が変なクセですね。


07.ストレート?くせっ毛?
→どちらも可。手ぐしで変更OK。


08.甘党?辛党?
→甘党です。コショウは別腹ですが。


09.肉派?魚派?
→肉だ肉だー! です。焼きたての豚さん美味しいと思います。


10.猫派?犬派?
→猫派です。猫派と言わないワケがない。どうして猫派でないと申すだろうか、いや、申さない。


11.パン派?ご飯派?
→お米食べろ!


12.コーヒーはブラック?加糖?
→コーヒーはブラックに限る。それが、俺のルールだぜ……。


13.天使派?悪魔派?
→天使ちゃんマジ天使。

14.中派?外派?
→インドアかアウトドアかって? インドアなアウトドアです。


15.辛いものは好き?嫌い?
→コショウ以外の辛いものは苦手ですね。


16.好きなのは半袖?長袖?
→半袖のほうが動きやすいなあ。でも長袖のほうが落ち着きます。


17.寝る時は右向き?左向き?
→左向いてます。


18.低温が好き?高温が好き?
→うーん、ぬるいのが一番なんだが……。だから中途半端といわれるのだろうか?


19.フェチはある?ない?
→もうポニーテールは卒業した! ……と思ったんですが、やっぱりポニーテールはいいものですね。小さめポニーテールが特に。


・他人編
20.愛したい?愛されたい?
→今は愛されたいです。でもそうすると創作に支障が出ます。


21.大きい目と小さい目どっちが好き?
→うーん……あまり考えたことないなあ。どちらかといえば小さいほうがいいのかもしれない。うちも小さいし。


22.恋人にするなら年上?年下?
→同輩が一番ですが、まあ強いていえば年下でしょう。


23.ほくろって萌える?萌えない?
→場所によりますが、ホクロなんて気にしない! 頬にドカンとあっても、ホクロなんてなくても気にしないぜ!


24.黒髪好き?染めてるのが好き?
→染めはダメだ。それだけで印象ガクンです。


24.色白が好き?色黒が好き?
→故意に黒くするのは好まれないなあ。男子ならどっちでもいいですが、女子は白くあってほしい……。健康第一。じょがぁは不健康ですが。


・バトン編
25.バトン好き?嫌い?
→たまにうざったらしいバトンがありますが、こういう普通のバトンは大好きです^^


26.回ってきたらちゃんと回す?それとも回さない?
→昔は回してましたが、最近はそうでもないですね。


27.回さないって答えた人も回してね!
5人の方にどうぞ♪

ご自由にどうぞ。



さて、こんな感じでバトン終了だす。
カントリーロードはいい曲だと思う。あれはアレンジ出来ますし。オーケストラとかオルゴールとか。
さて、昨日に引き続きバトンやってみましょうかね!
ちょっとリア充風に書いてみるよ!


【彼女バトン】


ええ、じょがぁに彼女なんていませんよ。
いないからこそ、このバトンが出来るんです。

(偉そうに言うな)


01.彼女の第一印象は?
→そうですね、すごくおしとやかで上品だなあって思いましたよ。口調も丁寧ですし、教養あるなあって感じです。


02.いつから気になり始めた?
→実は、まだ気になってないんですよ(汗) 向こうから告白されて、予想外の出来事に、まだ信じられませんよ^^;


03.告白したのはどっちから?
→上で述べた通り相手からです。


04.その時の言葉は?
→めちゃくちゃ長かったなあ……。いつから好きになって、こんな仕草がカッコよくて、ちょっとした態度がおちゃめで……みたいな感じで。すごくたどたどしかったな、うん。


05.彼女をなんて呼んでる?
→いや、プライバシーの侵害になるんでここじゃあ言えませんよw


06.彼女になんて呼ばれてる?
→うちの名前が『城ヶ崎ユウキ』だったら『ユウキ君』と呼ばれてます。普通ですね^^;


07.好きな所を3つ
1→謙虚なところ
(ホント、謙虚で献身的なんですよ。こっちが申しわけなくなるくらいです)
2→少し天然なところ
(うちの友人のボケを真面目に捉えて、真面目に返すところがもう……!)
3→全部
(のろけ出たwww)


08.直して欲しい所を3つ
1→謙虚すぎるところ
(謙虚なのはいいんだけど、もう少しワガママ言ってくれてもいいと思う)
2→構いすぎるところ
(彼女って、意外と束縛するタイプなのかな……? いらないところまで顔突っ込むというか……)
3→過去の話を語りがらないところ
(そういえば、聞いてことないですね……。ま、まだそこまで行ってないってことかな)

09.手繋いだ?
→四月の終わりに、初めて手を繋いだんですよね^^


10.キスはした?
→いや、まだです^^;


11.それ以上は?
→そんな……っ!


12.彼女にドキッとする瞬間は?
→それとなーく、好きだってことを匂わせる言葉を使うんですよ。多分彼女は無意識に言ってるんでしょうけど。


13.好きだと実感する時は?
→彼女が歌を歌ってるときは、なんか「ああ、なるほど」って思いますね。


14.彼女に求めるものは?
→ありませんよ(汗) もう尽くされまくりですから(笑)


15.彼女にしたいことは?
→今度誕生日だから、プレゼント買ってやらないとなぁ。日頃お礼出来てないし。


16.喧嘩したことある?
ある人は理由も!

→しようと思っても、あっちがすぐに折れるから出来ないんですよね。でも、だからこそ本当にケンカになったときは怖い……。


17.彼女は浮気しそう?
→しないとは思いますが、してても気付かないかもな……。


18.あなたは浮気しそう?
→うーん……なぜか、出来ないと断言できない……。いや、普通に接してるときは浮気なんてする気も起きないんですが、改めて聞かれるとなあ。


19.彼女はS?M?
→どちらかというとMですよね。最低でもSじゃないです。


20.あなたはS?M?
→必然的にSになりかけてますが、でもお互い中立ですからね、どっちでもないです。


21.彼女にはSMどっちでいてほしい?
→至れり尽くせりですからね、たまにはSになってくれないと何も出来ません^^;


22.彼女の好きなものは?
→甘いものには目がないそうです。


23.彼女の嫌いなものは?
→強いていえば怖いもの、ですかね? 脅かすと本気で泣きそうになるんですよ。


24.今までで一番の思い出は?
→一緒に山登ったときですかね? 山が初デートとか、変ですよね^^;


25.言われて嬉しかった一言
→やっぱ、告白のときの言葉ですかね? あんなに自分のことを思ってくれてるんだって思うと、ぐっときます。


26.最後に彼女へメッセージを!
→これからも色々とあると思いますが、これからも宜しくお願いします。たまにはワガママ言って下さい^^








はい、妄想終了!


意外とスラスラ書けちゃった自分に少し嫌気が差しますね。

妄想ですが、彼女が誰なのか、きっと皆さんも考えれば当たる節があるかもしれません。
いや、答えなんてありませんけど。じょがぁの妄想ですし。

まあそんなわけで、明日からテスト! 頑張れ頑張れ出来る出来る!
どうもです、じょがぁです。
ブルースカイというのは、青い空、という意味です。

たまにその意味を忘れるんだよなあ……。





というわけで、知ってる人は知ってるかもしれない、埋もれたミクの名曲です。
ミクの声が、一つの楽器のようで、青い青い空を連想させます。

イントロもちゃんと観てやって下さい。

※remix ver.もありますが、あえてこちらを。
どうも、じょがぁです。

ええ、保険です。
とりあえず忙しいことを想定して、これから金曜か木曜くらいまで毎日午後九時にバトンを更新しようかなと思います。

バトンなんて久しぶりにやるぜぇ……。



【擬音語バトン】


~次の擬音語、あなた的になんの音か(または状況、気持ちなど)答えてください。
一言でもよし、長々とでもよし!~


適当にググってヤフったところ、最初に見つけたバトン。
これは面白そうだ。


01.『パンッ』
→腹が減ってるとき、目の前に小麦粉を練って発酵させたものを焼いた物体を見て、思わず脳裏に浮かんだラングエイジ。


02.『ザッ…』
→とある物体を英語で言おうとしたのだが、中々思い浮かばなかったときに発してしまった謎の音。


03.『ズズ…ン』
→cf.なん…だと?


04.『ギリ、』
→後に続く言葉は『ジン』


05.『ドドドド…』
→カッコいいポーズをしながら、どこからともなく真打ちが登場する際に流れるBGM。


06.『…っ!?』
→ジャンプを読むと、見開きに一回はお目に出来る記号。


07.『…ツ、』
→『(´・ω・`)つ且』を省略したもの。「つ」が「ツ」になった理由は諸説あるが、どれも明確な根拠は存在しない。


08.『グチャアッ』
→ドンキーコング64でチャンキーコングがトマトモンスターを潰す際のSE。


09.『ブチ』
→猫の一種。可愛い。白と黒のブチ猫は無条件でじょがぁを癒し、そして苦しめる。これでもじょがぁは猫アレルギーを持っているが、あの愛くるしさにその持病を忘れ、いや放棄し、猫の頭を、喉を、背を、腹をモフモフする。犬もいいが猫のほうがカワユス。


10.『ピンッ』
→ピタゴラスイッチ、始まりの合図。


11.『ぷちぷち』
→謎の癒し音。


12.『ポンッ』
→ようやく理解したのか、ソフィア。


13.『てててっ』
→おい、皿持ってんだから、そんな急ぐと割れるぞ!


14.『ガシャーン』
→それ見ろ、言わんこっちゃない。


15.『ピシッ』
→地雷を踏み、そして後戻りの出来ない様子。当事者はまだその後の展開に気付いていない又は瞬間勘付く。


16.『ずーん』
→もしかして:智代アフター


17.『ずもももも…』
→もしかして:すもももももも


18.『ギシッ』
→next:「キサマ、よくも!」


19.『キラキラキラ~』
→神の名を連呼する信仰者。しかし呼び捨てのため削除される。


20.『スパッ』
→next:「おお~」


21.『ピラッ』
→希望を垣間見る際の音。しかしその後、大抵の場合は抗えぬパワーにより吹っ飛ばされる。


22.『HAHAHAHAHA!』
→ex. メアリー「うわ、雨だ。やだなー」 ジョニー「どうして嫌なんだい、メアリー」 メアリー「ジョニー、だって雨よ? 濡れちゃうじゃない」 ジョニー「そうかい? 僕は好きだな。シャワー浴びなくて済むからね」 スタッフ「HAHAHAHAH!」


23.最後に好きな擬音語は?
→ドゥクシュ!ドゥクシュ!(小学生男子の戯れ)


24.回す人
→「はいバリアー! 俺無敵~。そんな攻撃効きません~」と小学生の時言っていた方と、言ってなかった方はどうぞです^^
どうもです、じょがぁです。
ここ最近、授業が午前オンリーであることをいいことに、とある調査で某所を探検しております。

その地は大磯です。

大磯といえば、県民なら大磯ロングビーチが有名でしょうかね?
全国的に言えば、吉田茂元首相の邸宅をはじめ、数々の著名人が住んでいたり住んでいるところですね。
村上春樹さんの家、探せば見つかるっぽいし。

まあさておき、そんな大磯を探索しているじょがぁですが、主に大磯北部をてくてくしてました。

んで、行き着いた先がこれ。


image (6)

高麗山公園

高麗山公園といえば、昔じょがぁも取り上げていたと思いますが、あそこへの別入口です。

……そもそも、高麗山公園というのは湘南平の頂上だけが公園なのではなくて、
湘南平、浅間山(せんげんやま)、高麗山らへんを指すらしいです。
つまり、公園の大半は森! それと森! あと森! そうそう、忘れてました、森!
というわけで、そんな高麗山公園の入口です。

携帯なんで、画質がふっ壊れてますね(汗)
申し訳ないです。


雑な画質ですが、でもぶっちゃけ不気味です。


image (7)

入口に生えてた杉です。
なんか折れた枝のような、蔓のようなものが垂れてました。

右上が曇ってますが、恐らく手の蒸気か、です。
どうしても写ってしまうんですよこれ。
……心霊しゃs(ry



image (8)

んで、これが今回の愛機(スペック:サビサビ&ギア故障&ブレーキ不安)と行くべきけもの道です。
普通に少し進むだけで地面がドロドロになっていたので、自転車はここにお留守番です。

学校帰りだったので、制服のまま登ったのですが、案の定ズボンがドロドロになりましたよ。

というか、自転車のわだちがあったんですが、まさかここを自転車と一緒に登ったバカ英雄がいらっしゃったということなのでしょうか……?

ま、じょがぁは全教科を詰め込んだエナメルバッグを背負って歩いてたんですけどね。


更に歩くと、巨大な岩壁に掘られた巨大な横穴群があります。
知ってる人は知ってる楊谷寺谷戸横穴墓群です。

ええ、要はお墓です。
幽霊信じないじょがぁも、さすがにこの横穴群見たときは「ああ、出るんだな」と思いましたよ。

というか、

image (5)

階段の正面にあるとか、マジで泣きそうになりましたよ。

もうね、穴がもののけ姫に出るデイダラボッチみたいなんですけど、じょがぁを招いてるようにしか思えなかったですよ。
(携帯の写真じゃ分かりにくいですが、この横穴を見たときの絶望感、階段を上るにつれて大きくなる穴。鳴き声、苔、湿気……そういうものがじょがぁを殺そうかと息をひそめているのです)


ちなみに道は右手前に折れます。

で、永遠に続きそうな階段を上り上り、粘土状の黄土色をした地面に悪戦苦闘していると、右手側に神秘的な空間が広がっているんですよ。




image.jpg

ヒノキとシダが織りなす、まるで原生林のような世界。
美しさの中に、抗えぬ恐怖みたいなものがあって、思わず固まってしまいましたよ。

携帯なのにこれだけはよく撮れてるような気がするのは、多分被写体が良かったんでしょうね。


更に歩きますと、久しぶりの人工物を発見。


image (3)

どうやら崖崩れを起こしたあとのようです。
こんな人工物とは会いたくなかった。

ええ、吊り橋よりも、とっても☆スリリングです。
湿っててすぐ側に土がある分、こっちのほうが橋の朽ちるスピートが早いような気がしますからね、普通の吊り橋よりも。
ちなみに橋の下の崖にはビニールシートが敷かれており、さらに下には露わになった土の斜面が続いております……。
やっぱ粘土状だもんなあ、高麗山。



このまま道なりに歩くと湘南平に着きます。じょがぁも着きました。
学校帰りに何やってんだろうなあ、と思いましたね。



ちなみに、途中で道を一本間違えると、


image (2)


こんな建造物を発見することが出来ちゃったりします。
メン・イン・ブラックの作ったアジト神奈川の水道局が作った貯水タンクのようです。

なんでこんなところにあるんだろう……?


まあ、その後ももう少しだけじょがぁは迷います。
立ち止まると水を被ったように汗で全身びしょ濡れになるので、がむしゃらに歩いてやりましたよ。







そして、じょがぁが再び自転車と巡り合えたときには、もう5:30を過ぎていたのでした……。



ま、山は海と違って場所によって顔を変えますよね。
いや、海も眺めてて飽きませんが。波打ち際なんて特に。
ま、その話はいいとして。

じょがぁは一言だけ言いたい。










制服で山を登るのは宜しくない。










(当然です)
ええ、時限爆弾です。
どうも、じょがぁです。

若気の至りなのかなんなのか分かりませんが、読書メーターなるものを設置致しました^^


まあ、いつ更新が止まるのか楽しみですね^^;
どうか楽しみにしてやって下さいませ。

ああでも、マンガもOKみたいなんで、恐らく読書量はすさまじいことになるかな、と……。


んで、追記の展開▼でコメント返信です。

⇒続きを読む

高校の近くにある山を登りました。
迷いました。(何だよあの原生林め……っ!)
どうも、やまのぼりじょがぁです。怖かったです……。


一昨日辺りからじょがぁが第二次急性読書中毒(2010.6.25-)だということを説明しましたが、そんな中毒中に読んでいる&読もうとしている小説を紹介しようかなと思います。

「本読んでねえだろw」ってことを晒すだけかもしれませんが、それでこそじょがぁクオリティ。

それではまずはこちら。


きみが見つける物語    十代のための新名作 放課後編 (角川文庫)

きみが見つける物語 十代のための新名作 放課後編 (角川文庫)

角川さんが出している短編小説アンソロジーです。
放課後編と書いてありますが、ほとんど放課後関係ないような気がします。
だって、ある作品はヤクザさんが主人公なんだぜ……?

まあとにかく、この作品集の最初に橋本紡先生の作品があったことで、じょがぁはきっと中毒になったんだと思います。
十代のため、というわけでどの作品も読みやすかったです。
……と、ここで感想書くと日にち変わっちゃいそうなので省略。
中毒の火付け役である一冊です。



狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)
ええライトノベルです。
第一次読書中毒時に買ってそのままだったものです。
先週の金曜辺りで一気に読み終えて、それで土曜日らへんで上の『きみが見つける物語』を買ったような記憶があります。
ある意味こいつが本当の火付け役。



”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
こちらも『狼と~』同様前読書中毒時に購入してそのままだったものです。
まだ途中までしか読んでません(汗



新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
宮澤賢治のあれです。
状況は上に同じですよ^^;



えーっと、
ここまでが一昨日以前に買った小説です。
(他にも夏目漱石の小説とかトムソーヤとかありますが、そこら辺は省略)

以下が一昨日買った小説たちです。





きみが見つける物語    十代のための新名作 恋愛編 (角川文庫)

きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編 (角川文庫)
まだ読んでませんが、資料のために買いました。
(好きな作家さんが増える&技術向上)
わくわく。



きみが見つける物語  十代のための新名作 友情編 (角川文庫)

きみが見つける物語 十代のための新名作 友情編 (角川文庫)
上に同じです。わくわく。



狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫)
四巻です。
前巻を読み終えたので。
未読ですが。



猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)

猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)
橋本紡先生の作品。
橋本先生といえば『半分の月がのぼる空』で有名なあの方です。
今思うと、前中毒時も彼の本を読みまくってたような。
うーん、きっとじょがぁに合ってるんだろうなぁ。
一気に読みました。じょがぁでも一気に読める作品です。



月光スイッチ (角川文庫)

月光スイッチ (角川文庫)
同じく橋本先生の作品。読んでます。
先生の作品には必ず猫が登場してます。猫好きですからねえ……。



とまあ、こんなかんじです。
だれが得するんだろうなあ、という公開プレイでした。
ま、「本なんて読まねえよ!」って方は『きみが見つける物語』をオススメします^^
あさのあつこ先生やよしもとばなな先生などなど、有名な作家さんたちも大勢いますし、きっと好きな作家さんが見つかるんじゃないのかなあ、と思います。



んで、追記の展開▼でコメント返信です^^

⇒続きを読む

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。