ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
比較。






どうも、じょがぁです。

予想以上に作り込まれてて感動した。


だが、今の私には理解できない。
スポンサーサイト
指から大出血DA☆

ども、腰が痺れております。ヘルニアかな?



というわけで、二回目の作業用BGM紹介。
今回はmuzieからの刺客というわけで、女性ヴォーカルのお方たちをどうぞ。
う゛ぉーかろいどにまけないよ、というわけですね。ドアラさん!


こう言うの聞くと、歌聴きながらの作業ってのもいいなあ、と思いますね。
muzieの方々(特にプロ志望の方)には頑張ってほしいものです。

今聴いてる途中ですが、
最初の『穹夢~そらゆめ~』のような小指を絡める感じの歌詞と雰囲気が好きですね。

そして、なぜか霜月はるかさんの曲が数曲。muzieで出身だったのか……。


なんか、すげーなー……。
明日提出の数学のワーク、今から始めようと思うんだ……。

ども、じょがぁです。
イージーリスニングはいいと思います。あの聴きやすさがまさに作業用……。



つーわけで、こちら。
そっと評価されてほしいものです。動画も、作曲者も。
ども、じょがぁです。

なんか、最近金遣いが荒い気がするんですよね。ええ。

学校でもそうでなくても、よく自販機で飲み物買いますし。
……そのくらいならいいんですけど、
本屋に行って大量にマンガを買う自分は何なんでしょうか?


最近(この五日間で)買ったマンガは、

東京★イノセント 8巻
失楽園 2巻
夏のあらし! 6巻
ハヤテのごとく! 22巻
碇シンジ育成計画 8~9巻
鋼の錬金術師 1~4巻
スクールランブル 14~22巻(!?)
(+ガンガンJOKER)

と、今までの比にならないくらい買ってる自分がいます。
(夏のあらし!、ハガレン、スクランは中古ですが)

しかし、こうして見ると本当にスクエニっ子ですな……。
なぜかジャンプを買わないじょがぁは
きっと人生を損してるんだろうけども、それでも買わない(何

今日はイヤホン買い替えたし、
来月は『ひまわり』の1・2巻が発売ってことで、懐が心配なのです……。


これが……お年玉効果、なのか……?
『一番なのはですね・・・』

と書いてあるのを見て、
『は』「WA」の発音ではなく
「HA」の発音でとらえてしまった人はスターライトブレイカーですね。


ども、某アニメの本編は一話も観ておりません、じょがぁです。
MADではお世話になっとりますけどね。


10.jpg


個人的に、ひずえのノリは新鮮で好きです。
こういうキャラをあまり出演させたことがないので、描いてて楽しいですね。

どんな人物になるんだろうなあ……。

しっかし、今日の作業は進んだんだか進んでないんだかわからないですね^^;
ああ、でも左下の文字数見ると、頑張れば寝るまでに一万文字は書けるのか……。

ちなみに、この7786文字。バイトに換算すると15876B≒15KBってところですね。
プロだと一日50KB書く人もいらっしゃるそうで、すんごいなあ……と呆然になりますね。

まあ、頑張っていきましょう。
まだまだ未熟ながら、効率っていうのを考えて、結局ニコニコしてるんですね、自分。


9.jpg


ども三日目の朝です、じょがぁです。


頭の中で、紗綾のお話が出来ました。
まだ文面にしてないのであれですが、多分この頭のストーリーで行ってみようと思う。

展開が小説の某ジャンルに近いワケですが、
それでもそのイメージに屈さないくらいのものを作ってやりたいです。


さておき、ミナトのお話もなんとなーく出来てるんですが、
こちらはストーリーはかなーり慎重にならないとダメですね^^;
しっかり構成を立てていこうと思います。主に世界観とその伝え方を。


……で、ひずえさんのお話なんですが、
一向にまとまる気配ナシ。
ワレニ・・・・・・ワレニチカラヲ・・・


まあ、そんなこんなで、のっほんほんとやっております。
ペースが遅いのがかなり心配です……。


(いまさら言うのもあれですが、初めてのゲーム作成なので、
完成がいつになるのかよくわかりません汗  遅くても夏休み前……であること希望)


そうしている間にも、『翼の生えた少女はもういない。』の泉が湧き出始めてるぜ……(震
ども、じょがぁです。新企画です。
一応注として、これ、多分じょがぁの独り言です。ええ。長い独り言です。

相変わらず本屋でガンガンJOKER探すと三分くらいかかるんだよね。
夕子さんは貞一にしか見えないからなのか……?(違
そんなわけで、「黄昏乙女×アムネジア 2巻」
「EIGHTH 1巻」「失楽園 2巻」が発売開始。
来月は「“文学少女”と死にたがりの道化 2巻」
「ひまわり 1・2巻」が発売されるようですね。
「ひまわり」に関しては四月にPSP版ソフトが発売されるようです。注目。


鳴見なる『絶対†女王政』

『東京★イノセント』から注目しているなる先生の新作ですね。
というか、中学時代の悠馬(主人公)テラカワイソスw
あんなことされたら誰だって女性恐怖症なり対人恐怖症になるわな。
しっかし、
「イノセント」にはあまりなかった(ような気がする)アツい展開になりそう。
期待の新作です。


忍「ヤンデレ彼女」

※ヤンデレ≠病んでるヒロイン× ヤンデレ=ヤンキーデレ◎
ONLINEでも連載している「ヤンデレ彼女」ですが、
JOKERでは前回に引き続いて野球編です。メンバー集めとります。
「やっと2巻が出たぐらいのマンガで野球やる人数集めろってのが無茶ぶりだよな」
とヤンデレ彼女レイナさんが仰っておりましたが、
案の定カオスなスターティングメンバーになりましたねw
次回の黒子(幽霊)無双に期待っすww


藤原ここあ「妖孤×僕SS」

来世はペットボトルのフタにでもないたいものですね。
ほら、意外と長生きできそうじゃないっすか?
丈太郎さんマジでダンディーだ……。
しかし、ここあ先生の作品はいつ読んでも丁寧な心理描写をしていて、落ちつきます。


めいびい「黄昏乙女×アムネジア」

怪異調査部、空気なんだな……。
まるでどこかの高校の文芸同好会のようだ…。
今回で「六年桜」の怪談にも一区切りついて、次回からまた新展開なのかな?


小島あきら「わ!」

二十歳設定の扉君(16歳くらい)。
今のご時世、二十歳の設定にしておかないとね!
五里霧中=ゴリラがキスしてるシーン、なるほどね。


横山知生「私のおウチはHON屋さん」

問題の新連載キターッ!
えー、小学生な女の子の家がエロ本屋という、超設定のお話。
今のご時世、ランドセル背負ってても二十歳の設定にしておかないとね!
多分、「わ!」の次をこれにしたのは編集者の陰謀だと思う。
ちなみに、横山先生曰く「テーマは『エロくない』」だそうです。


カザマアヤミ「はつきあい」

ぐおおっ!カザマ先生、うちを悶え殺す気かッッ!
この青々しさ、ググっと来るぜえぃ!
そして、なおかつ共感(というか、憧れ)を抱いてしまうという……。
毎回一話完結で、今後の二人は一切描かないこの作品。
ぁ、どーでもいいけど、沢井はナベ兄が変装した姿だと思われ。


夏海ケイ「うみねこのく頃に Episode3:Banquet of the golden witch」
大人って恐いね、大人って。
というか、右代宮の本家って小田原にあったのか……。


山口ミコト「死神様に最期のお願いを」

センターカラー1ページ目で顔芸とは、山口先生流石っすww
ちょっとご都合主義なところがあるけども、展開の読めなささはある意味武器だと思う。
……で、お兄ちゃん手の怪我は大丈夫なんですか?


松本トモキ「プラナス・ガール」

さ、佐東さん……?(吉佐美ではありません)
にしても、女装なマンガはたくさんありますけども、
この作品みたいに女装した男子がヒロインってのは珍しいっすよね。
次号は新展開……と思ったら特別編ですか、そうですか。


七海慎吾「戦國ストレイズ」

道三さんカッコいいなあ……。
それでいて、戦国時代は日本という世界がトンでもなく大きい世界だったんですね。
まるで一つの地球のような、そんな感じ……。
常識が現代と全く違っていて、新鮮でした。ええ。


檜山大輔「ひまわり」

ジョニーサァァァァァン!!!


尚村透「失楽園」

「言ってもソラには理解できないわ」
ぐふぅ……。
ここで新キャラが登場。そして、トモコの髪に注目。
この作品の髪の毛は、どうやら生きているようです。


村田真哉・いふじシンセン「アラクニド」

蜘蛛がリアル過ぎて泣きそうになった。
いや、嫌いなワケじゃあないんすけど、ハラフシグモは嫌いです。
嫌いになりました。ええ。
ああ、そういえば有栖はいじめられてたんだっけ?
その設定忘れてたわ……。
ま、その設定も今回次回で終了かな?


鈴羅木かりん「ひぐらしのく頃に解」

ロリ坂赤坂さんカッコいいな……。
ひぐらしに詳しくない自分にとっては、彼のどこがロリなのか……?
(いや、なんとなく分かるんですが、本当にそうなのかどうなのか……)
鷹野さんの変顔はいつ見てもいいですねw


唐沢一義「レール・エール・ブルー」

第六話なワケですが、ガーニャは一体どこの人なんだろうか?
イタリアではないようだけど……。


河内和泉「EIGHTH」

河内先生は一体この作品のためにどれだけの勉強をしたのだろう……?
トウモロコシって奥深いんだなあ……。
お姉さんマンガだと思って単行本買った人はさぞかし驚くであろう。


柚木涼太「ダメっ娘喫茶でぃあ」

この作品は作者の愛というかなんというか、
とにかくキャラがしっかり出来ているんすよねー。
いおりちゃん見ると涙が出てきます……。


小林尽「夏のあらし!」

ストーリーも佳境でありまして、ついに横浜大空襲の日です。
……『スクールランブル』で馴染みある人は驚きですよね、大空襲って書いてあるだけで。
小林先生の、戦時中の日本の描写はリアル過ぎて怖いです。
空襲の描写ではなく、日常生活の描写もです。昼間に警報が鳴っても気にしないところとか。
無論、空襲の描写もリアルなんですけど。一巻二巻読めばわかりますが。
そして、こういう話を少年誌で書くってのも凄い。


柊祐一「今日の魔王様」

ウーナさん再登場。
ウザすぎるくらいのツンデレ最高ですww
最後、衝撃の事実が発覚しますが、まあ次号になったら忘れられてるんでしょう。
だってそれが「今日の魔王様」ですから!


晴瀬ひろき「ラブ×ロブ×ストックホルム」

本編二ページ目は非常にカオスだと思う。
佐知子さんを隠すタオルは反重力で、
狭山邸の入浴場にある、マーライオンな潤一郎のオブジェ。
なんかそこだけでごっそーさんでしたww
束の間の休日は楽しめたようです。


篠宮トシミ「コープス・パーティー」

由香可愛いよ由香。
ああ、由香可愛いよ由香。
ほら、走ると危ないよ、由香。
……ほら、やっぱりフラグだったじゃねえかァァァ!!!
うわぁぁぁぁぁ!!!!



…とまあ、こんな感じのガンガンJOKER。
こうして感想を書いてみるとわかるのが、
作者の名前が「苗字は漢字」「名前はカタカナ」って組み合わせが多いなあ、と。
そして、幽霊が登場する作品が多いんだよなあ……。
一応挙げてみると、

『ヤンデレ彼女』(黒子さん)
『妖孤×僕SS』(妖怪だけど)
『黄昏乙女×アムネジア』(夕子さん)
『死神様に最期のお願いを』(死神だけど)
『夏のあらし!』(ヒロインの大半)
『コープス・パーティー』(マジホラー)

幽霊って今ブームなのかねえ……。
ども、お久しぶりです、じょがぁです。

あまり更新する機会がなくて、ですね、です、はい(何

近々、購読しているガンガンJOKERの感想でも書いてみようかな……。
某ブログさんの真似っこです。



というわけで、じょがぁのオススメ商品はこちら!

CIMG0389.jpg


日清カップヌードルの新商品『WHITEクリームシチューヌードル』です!


ええ、クリームシチューといえば有田ホワイトソースをふんだんに使った、
(個人的に)ビーフシチューに次いで好きなシチューです。

そして、カップヌードルといえば(参照するな)
結構最初の方の、カップ入りインスタントラーメンで有名ですね!

そのコラボレーションというワケで、思わず買ってしまった次第です。


どうやらこの商品のコンセプトは、

『雪景色をイメージした「WHITE」をコンセプトにしたオリジナルカップめんで「バンクーバーオリンピック」日本代表選手団を応援!』

なのだそうです。公式サイト曰く。


……オリンピックの応援をするのは大いに結構ですが、

カップヌードルに
『白』は似合わないと思うのは自分だけでしょうか?



正直ね、味には期待してなかったです。


でも、意外と合うんですね、このペアは。

スープがちゃんとシチューしてて、とってもとろみがあったのが驚きです。
とろっとしてるからなのか、冷めにくくなってたような気もする。
(カップが冷めにくい素材なだけなのかもですが)

で、麺も美味しかった。


……ちなみに、きっとこれは邪道だと思いますが、

残ったスープはパンやご飯にかけて食べる、
というのも可能です。



イギリス舌だからかもしれませんが、スープは普通にシチューとして食べられましたよ、ええ。



というわけで、


CIMG0389.jpg


意外とイケた『WHITEクリームシチューヌードル』




次はどん兵衛の『WHITEうどん』ですね!
どうも、最近間食買うのが日課になっております。
……太るな、きっと。
そんな感じのじょがぁですが、本日は作業用BGMの紹介です。

iフィルターの文化を持つじょがぁのPCでは、
必然的に長い作業用BGMを聴くようになってしまうんですよね。
(定時になるとインターネットが開けなくなるので、短いやつだと長く作業が出来ないんですよね)


で、歌曲ではない癒し系BGMかつ
そこそこの音質かつ
長い音楽を探して見つかったのがこちら↓




4時間40分超ですよこれ!

いやあ、いいですねえ。ファイファン。

ちなみに最初で止まってしまうことがあるので、
再生可能になって数分後に再生することをオススメします^^




頑張れ日本航空。
ども、一月の更新は一日おきが多いですね、じょがぁです。


8.jpg

エディターの背景を黒板色にチャンゲして、なかなか落ち着いた作業が出来ますね。
↑の画像みたいに落書きしてると、本当に黒板に書いてるみたいで面白いっす^^


で、まあ、構成の方もようやく七日目、ルート分岐の兆しです。
画像見ればわかりますが、佳境部分というか、重要な部分です。
(のわりに、ここだけ構成不十分なんですがね。じょがぁの癖だ)


シナリオは二日目お昼です。書いてるつもりが、めちゃくちゃ進んでない(涙

これが、これが選択肢の恐ろしさというものなのかッ!


恐ろしさを知った。

ま、なんだかんだでストーリーは二週間三週間のうちに展開されるって感じがする……。
いや、まだ憶測なんだが。
とにかく、たいそれた作品は期待しないでくれや^^;
7.jpg

ちょっと吉里吉里で遊んでます。


まあ、ちょこっと遊んだ程度っす。はい。それだけっす。

ただ、新鮮なもんでですね……。こうやってゲームが作られていくのか……と実感した瞬間っすね。
前回のあらすじ。

一昨日の夜、熱っぽいと思ったら本当に熱が出ていた!
そういえば部長がインフルエンザなんだっけな……。
もしやこれは……。


で、昨日の話。


昨日の朝、起きてすぐに体温計で測ってみたんです。


35.9℃だったぜ☆
TE☆I☆TA☆I☆ON


一昨日の熱といい、昨日更新しなかったことといい、日頃の行いといい、

『伏線クラッシャーのじょがぁ』

という肩書があってもいいっすね☆




まあ、そんなこんなで、

風邪にはくれぐれも注意だぜ☆
(自分に対して)
37.1℃……だと?




……いやいやいやいや! 待て待て待て待て!

いいか、勘違いだ。

体温計が風邪気味なんだ。

……そういえば、風呂上がりなのに寒気がする。

心なしか頭がクラクラするような……?

よよよよし、もういっちょ熱を測ってみようか。











37.2℃、だと?


ふぃ、よし、落ちつけ? な?
明日は県一模試があるんだ。

確かに昨日、弓道部の部長さんがインフルエンザで休んでいた。
今日、弓道部の友人が一人早退した。

いや、ねえ、だからと言って、なあ?

今はあまり休みたくはないんだ。
色々と忙しいんだよ、特に明日辺りからっ!

もう一度、もう一度測ってみよう。な?

























37.4℃……だと!?
どうも、風呂の中で同じ言葉を詠唱、じょがぁです。

いやはや、なんと言いますか、


                   _,.>
               r "
明日県一模試かよ!?\    _
                r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
             .,/: :// o l !/ /o l.}: : : `:ヽ 、
              /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : :ヽ、
          ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
          /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : :
│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : :
!   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: :
.l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: :
              l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l!:
              |   /    .| .!     `'、  |   l:
                 l   |     .l,,ノ     |  !   !:
                  / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l!
         r―- ..__l___    `´            l   /   /:
            \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :


飽きたろ? このネタ。




さてさて、最近火狐さんに触れてないような気がしますね。
みんなどうしてんだろうねえ。

まあ、こちらも一週間から一ヶ月間、色々と忙しくなってくるみたいなので、まあなんか宜しくです。


つーわけで、Read More...でコメントお返しですー。

⇒続きを読む

この更新が終わったらコーラ買いに行くんだ……(近所の自販機へ

ども、本日三回目の更新。珍しいね。


まあ、あれだ。
じょがぁは見てしまったものを見過ごすことが出来ない性格……というか、
我慢の出来ない子みたいですね。

はい、コメント返信です。Read More...で。

⇒続きを読む



待ちに待った動画です。
信じる自分の道を進んでいきたいです。
っていうかね、なんかね、これ観てるとね、こみ上げてくるんだわ。
頑張ろうって気持ちになるんだよね。


はい、更新二回目のじょがぁです。




↑ちなみに元ネタ。



というわけで、Read More...でバトンですぜい!

⇒続きを読む

ども、じょがぁです。

6.jpg

企画書がとりあえず完成。

そういえば今日成人式の兄さん(読み:アニサン)に読んでもらって、
色々修正して、それからが本番だな。


本格的な宣伝はキャラ絵が出来てからにしましょう。
各キャラクターの紹介もそのときに。


しかし、なんというか、ストーリーのあらすじを書いてて思ったんですが、
小説でもなんでも、うちはあらすじなんて書かずにストーリーを作ってしまうんですが、
普通の人はあらすじを先に書いて、それからストーリーを作るんですかね?

というか、この『あらすじ』と言っているものが世間一般でいう『構成』なのか……?

いや、なんかもーよく知らん。
そんな人間が書いている『いちじくと夕陽色の夏空(笑)』です。
あちこちで書いてますが、我ながらギャルゲー臭のするタイトルですね!

……そういえば『遥か彼方の空の下、桜舞い散るミツナの詩』も、
捉えようによればそんな臭いも醸してますよね。
(『ハルサク!』は我が恩師さん曰く「女流作家の作品名みたい」だそうですが)


さておき、こうやって作成記を書いていると、
いつかとんでもないネタバレを公開してしまうんじゃないかってヒヤヒヤしてます。

大雑把な性格が出なきゃいいんですけどねー。


つーか、本格的に宣伝(ニコニコで宣伝動画うp)するんなら、
ここじゃない制作記専用ブログを設置した方がいいかもですね。
(まあ、人気によっちゃあそんなもの必要ないかもですけどね。ってか、いらない可能性大)


そんなこんなで、色々頑張ってます。


あ、Read More...でコメント返信っす。

⇒続きを読む

                    _,.>
イチジクって      r "
木にならないのかよ!\  _
                r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
             .,/: :// o l !/ /o l.}: : : `:ヽ 、
              /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : :ヽ、
          ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
          /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : :
│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : :
!   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: :
.l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: :
              l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l!:
              |   /    .| .!     `'、  |   l:
                 l   |     .l,,ノ     |  !   !:
                  / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l!
         r―- ..__l___    `´            l   /   /:
            \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :



Read More...

⇒続きを読む

ども、危うく突っ込まれまくるところだったんだなあ、なんて思いましたよ、じょがぁです。

というわけで、個人的設定では『なつみかんの季節』の季節としては、
夏真っ盛り、真夏、七月八月だったんですが、
よくよく調べてみると、夏蜜柑の旬って六月くらいまでなんですね。

「作中の高校の夏休みは五月から六月にかけてあるんです」






そんな言い訳通用しないのは重々承知なんで、
そうですね、「なつみかんの季節」という題名は近々変更すると思います。

というわけで、他によさそうな果物はないかと模索中です。

5.jpg

『いちじくと○○の夏空(仮)』ってのもいいなあ。
○○には読みが四文字になる漢字二文字が入ります。


ちなみに、どうでもいいですが構成の進行率(全体が把握しきれてないので適当)。

起承転結でストーリー構成をしますと、

起(共通ルート):95%

承(共通ルート):50%
承(紗綾ルート):5%
承(ひずえルート):1%
承(ミナトルート):1%

転(紗綾ルート):25%
転(ひずえルート):0.5%
転(ミナトルート):0.5%

結(紗綾ルート):25%
結(ひずえルート):5%
結(ミナトルート):5%


こ、こんな感じです。
あ、ストーリーの長さは『起:承:転:結=1:1:1:1』ではないので注意です。
承のストーリーの長さが一番長いですね、はい。


そういえば、キャラクター設定の文章化を忘れてたような気がする。
あれ、脳内からPCにうpすんのがめんどくさいんだよなー(な


久々に作成記っぽい作成記になったんじゃね?
ども、昨日は朝の五時ごろに寝て、七時に目が覚める間に夢を見ていたようで、

第一部が『ルーツ(ニコニコ実況者)とあと数人で、どこかから自分の通う高校への旅』で、
第二部が『バトルロワイヤル(ファンタジー風味)で殺されないように逃げ惑う自分』で、
第三部が『捨てられた猫を飼う、濡れた髪の先輩女子(だが知り合いではない)がいる』

って夢でした。
(ルーツ氏が出たのは、恐らく寝る前まで彼の作品を見ていたからかと)

たった二時間のくせにボリュームありすぎだろ、と思いましたが、まあそれはいいとして、

個人的に不思議だったのは、自分がいなくて、代わりに体育系の女子がその夢の主役だったってことですね。
自分は傍観者というか、カメラマンというか、カメラというか……。





ども、夢の中でも空気のじょがぁです。


えー、まあ、話したいことが冒頭で終わってしまったんですが、
ルーツさんは本当に愛されている人間なんだなあ、なんて思ったりします。
彼の動画は荒れてませんし、何より彼の作品から二次創作がなされているっていうのが凄い。


うん、すげーなーって話です。


でもって、Read More...でコメント返信っす。

⇒続きを読む

ども、本日二回目の更新。
思わぬ宿題の出現により、現実に戻されております。あ、じょがぁです。



多分これを聞き逃している人の大半は
タイトルに抵抗があるんだろうなあ、なんて思ったりする。

アルトネリコ見習ってみろよ!
(見習っていいのは曲だけだけどさ。いや、ストーリーが悪いわけじゃないぞ? ただ、それ以上に曲を見習ってミケロ)

普通にTV番組のBGMとして使われてるくらい、曲は評価されてるんだぜ……!
(まあ↑の動画にアルトネリコシリーズの曲は無いんだけど^^;)


で、そのアルトネリコの曲がどんなものなのか知りたかったら、



こいつを聴けばいいと思うよ!
(ちなみに、この動画にコメントするのはやめた方がいいと思います。
99.8%のコメントが歌詞職人によるもの――つまり、職人でないコメントが二つだけ――なので。


すげーなー……アルトネリコって、アウトネリコなだけじゃないんだねー。


ヒュムノス語だっけ?
うちも新しい言語ってのを作ってみたいんだよなあ~。
個人的な野望です(苦笑
                   _,.>
               r "
 明日学校かよ!?  \    _
                r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
             .,/: :// o l !/ /o l.}: : : `:ヽ 、
              /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : :ヽ、
          ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
          /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : :
│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : :
!   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: :
.l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: :
              l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l!:
              |   /    .| .!     `'、  |   l:
                 l   |     .l,,ノ     |  !   !:
                  / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l!
         r―- ..__l___    `´            l   /   /:
            \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :


ども、じょがぁです。お久しぶりです。
冬休みの後半はまさに引き籠りな生活をしていたような気がしますよ、はい。

昨日なんて、
気付いたらルーツさん作『in those days!』を明け方まで見入ってしまいましたからね……。
完璧夜型人間になってしまった……。

というかね、なんというかね、

FFVIが終わらないんすよ。ええ。


ロックとまだ再会出来てないんだよな、これが。





で、こっから本題。本題ってほどじゃないけどね。


4.jpg


とりあえず、構成はゲーム内日時でいう五日目に突入。
起承転結でいうと、ちょうど起と承の間ってところですかね?

これから栄一(←主役です)とヒロインたち、
ヒロインとヒロイン、
栄一と友人たちの交流を描いて、どんどん萌やしていきたいです。
(萌やし=どっかの水っぽい根っこではない)


彼らの動きを伝えきれるか&まだ革命的閃き(韻を踏んでいる)が来てないのが心配ですが……(汗
ま、なんとかなんべーよ。

さて、明日から絵師様探しの旅に出るわけですが、
知り合いの中に『フォトショップ』とか
『ペイントショッププロ』持っててヒマな人が何人いるんだろうか……?


予算ゼロで頑張りたいと思います。
ど・おいも、じょがぁです。



やはり、作業用BGMというものは需要があるんですね。
よく分かりました。

しかし、結局投稿が流されやすい時間になってしまったんだなー。
(エンコがかなり長かった。エンコ待ちじゃなくて)

しかし、マイリストしてくれるって嬉しいですね^^
というわけで、本日二回目の更新。


3.jpg

企画書の草案を作りましたとさ。(↑画像、一部自主規制しております。ネタバレ防止のため。さーせん^^;)
正直突っ込みすぎた内容になってしまった気がしやす。はい。

果たして伝わるのかどうか……。

まあ、これから本書きして兄に提出しようかな、なんて思ってたり。
(兄と企画の話なんて何もしてませんけどね!)


色々先が長い感じですが、楽しんでいきましょうかね。
どうも、夕方六時寝、昼一時起きのじょがぁです。
原因はあれです、年賀状作ってたからです。


あめじんぐ


で、今までこんなものを作っていた。
AMAZING GRACE詰め合わせっす。
世界に愛されるこの曲が、なぜかじょがぁフォルダに入っていたんで、ついつい作ってしまった。

そのうちニコニコにこんなサムネがあったらそれはうちの作った奴です、はい。


いい睡眠用BGMになることを願います。
むびめか

気分的に動画を作りたくなってしまったので、なんかOPもどきのようなものをWMMで作ってます。

……Avidemuxとかなんかそういうので作ればよかったんですが、
どうも起動の仕方が分からないもので、こうなったらWMMの本気を見せちゃろうという感じです。


ま、まだCGどころかキャラクターさえまともに出来ていないので真っ暗ですけども、
雰囲気だけでも知りたかったんです、はい。


冬休み明けたら絵師さんを探さないと大変だよなあー。
いや、まあ誘えるところから誘っちゃいましょうか。今のうちに。

そのためには企画だな、企画。物事を伝える能力の乏しいじょがぁはここんところ頑張らないと。


ま、そんなこんなで、正月はやっぱり忙しいんですよね。世間体的に。
うちもこれからばっちゃんとこ行ってきます^^
明けましたが何か?


ども、じょがぁです。
年末が忙しすぎて新年を迎えた気が全くしないんですが、皆さんお元気でしょうか?


多分、統流もソフィアと出会ったときはこんな気持ちだったんでしょうねえ。
年末に予定がギッシリで休まった気がしませんでしたからね^^;
しかし、本当に今日は普通の冬休みの一日って感じです。


まあ、それでも一応、というかどうせだから、
新年の目標みたいなものを掲げちゃったほうがいいのかもしれませんね。

そうすれば新年ムードに乗り遅れずに済む……かどうかは知らんけども。


そうですね、今年の目標は『年内に小説を十冊は読む』としましょうかね?

いや、アマチュア小説家の端くれとて、この目標はハードルが低すぎるだろ、とか思うかもですが、
そもそも何も読んでいないじょがぁにとってはこのくらいの目標で十分なのです。
(ま、何だかんだで小学生の目標と同じようなもんですけどね


今年は本格的にノベルゲームに取り掛かるんだと思いますし、
『翼の生えた少女はもういない。』の第二部も恐らく書くんだろうと思います。

あと、受験もありますしね、そのときはしっかりやらないといけないし……。

きっと大変な一年になると思いますが、
どうかこれからも『ほえぶる!』をよろしくお願いしますね!


で、Read More...でコメント返信っす^^

⇒続きを読む

『クッ……、オレだ。もう四年ぶりになるのか? ずいぶん時間の感覚を忘れちまった』
 読めない言葉のコーヒーの瓶に入っていた一通の手紙には、懐かしい彼の言葉が詰まっていた。
『オレが正しければ……剱崎、アンタは大学一年になったってところだな?』
 もう、あれから四年の月日が経った。ユウトたちは中学を卒業してからそれぞれ別の道を歩むことになった。
 あれから一度も会っていない友達もいれば、タイチのようにずっと一緒にいたりもする。
 ソラとは大学で離ればなれになってしまった。高校三年生までずっと同じクラスだったのに、二人は進むべき道を優先させたのだった。コウジとハルカは高校を卒業したあと就職したと聞く。就職組二人と同じ高校だったマイは美術の専門学校へ進学したらしい。サクラは地元で有名な私立校へ進学し、そのまま大学へも通っているようなことを、ユウトはタイチから聞いた。
 そして、この手紙の主であるミズキは中学を卒業してから海外を放浪しているのだ。
 もうみんなとはずっと会っていない。そう思う日々が続くときにやってきた便りであった。
 ミズキの様々な冒険が文面からヒシヒシと伝わってくる。ああ見えて運動はまるっきしダメだったミズキだが、どうやら放浪を経験する中で体力も付いてきたのが分かる。
 一文一文を読むにつれて膨れ上がる、会いたいという気持ち。今にでも破裂しそうな衝動。
 そして、ミズキはその衝動を予め予想していたかのように、最後の最後に鋭い針を忍ばせていた。
『ところで、この夏に日本へ帰ることになるんだが、久々に別荘に来るか? あいつらも呼んでおくぜ』
 ユウトの中の何かが一気に弾けとんだ。そして、次の瞬間にはすでに白紙にペンを書き滑らせていた。

~遥か彼方の空の下、桜舞い散るミツナの詩~


「えっと……それって、合宿ってことでいいんだよね?」
 海斗が驚くのも無理はない。すでに夏休みが始まった直後に合宿をしてしまっているのだから。しかもかなり本格的な場所を借りて、数泊してしまったのだから、もう半年は合宿という言葉を聞きたくない程、海斗は懲り懲りしていたのだった。
「いや、だから小旅行だって言ってるだろ」
 照に訂正される。
「楽器持っていくのは身体が鈍らないためだ」
 やっぱり合宿と変わらないじゃないか。そんなことを思ってもユウトは口に出さなかった。そんな愚痴を言ったら照が怒るに違いない。
「大丈夫大丈夫、そんなカタくならないでよ、海斗」
 ポンポンと途和に肩を叩かれるが、それであの地獄のような光景が美しい思い出になることはない。
「今回泊まるのはキャンプ場だし、普通に楽しめばいいんだよ。ほらほら、エンジョイエンジョイ!」
「エンジョイエンジョーイ!」
 片瀬が飛び跳ねながら本当にエンジョイしている。
「カタ坊、お前を呼んだ覚えはねえぞ」
 ドラムの手入れをしながら照が片瀬に呟いた。
「い、いいもん! 一人で行くもん! 一人でキャンプファイヤー楽しいもん!」
 それはとても悲しいものだと海斗は憐みの視線をそっと片瀬に送った。
「キャンプ、楽しみ……」
 葵が小さなガッツポーズをする。海斗に味方はいない。ふと海斗は思い返す。あの合宿の翌日、全員ケロッとしていたような気がする。あれほど辛いと思っていたのは、どうやら海斗だけのようだ。
「新入りちゃんね、どうしても行きたいとこがあるんだってさ」
 肩に手を載せる途和がキーボードを叩く金髪の後姿を顎で指した。メロディーに合わせて、絹のような長い髪が揺れる。
「え……?」
 海斗は彼女のことを分かっているつもりだった。今まで、彼女とたくさんの出来事に遭遇してきた。Archメンバーの誰より彼女のことを知っている自信があった。だが、それはただ虚空に一人手を伸ばしていたにすぎない行動だったのだ。彼女は何も知らない。彼女の思い出さえも。
「うん、分かった」
 海斗は頷いた。
「僕も行くよ」
 自ら、進むことを決意して。

~Arch~


「第一回、キャンプファイヤー大会開催!」
「吉佐美、それ食っていいか?」
「あ、いいですよ。食べちゃって下さい」
「慶二、水筒余ってない?」
「たっぷりあるよ」
「あの……トベルくん、これ、今朝渡しそびれちゃった本」
「おお、センキューな、大室」
 高々と開催宣言をする駿河を横に、統流たちは思い思いの昼食を満喫している。
「俺の話を聞けよ!」
「え、なんか言った?」
 麦茶を飲む奏が空返事をする。
「だから、キャンプファイヤーやろうぜって言ってんだよ!」
「どうしてわざわざお前と一緒にキャンプファイヤーなんてやらなくちゃいけないんだよ」
 里芋を口にしながら、統流はやる気なく言った。
「いや、だからみんなと一緒にって言ったんだけど」
「あの、お金はどうするんですか? あたし、ちょっとお金がかかると行けないんですけど……」
 申し訳なさそうな伊東は、純粋に行きたがっているようだ。無論、他のメンバーも行きたいことに変わりはないのだが。
「ああ、アニキの知り合いがキャンプ場のオーナーでね、この夏にアニキたちと一緒にキャンプファイヤーしないかって誘われたんだよ」
 駿河のアニキとは、彼の姉の夫のことを指す。
「湖の近くで、旅って気はしないだろうけど、キャンプしてる感は保障するぜ」
 駿河はイキイキとしている。
「おっと、でも穂枝はダメだぜ、あのキャンプ場、五人用なんだ」
「じゃあお前は行くな」
「ひでぇっ!」
 いつもと変わらない日々。きっと、キャンプへ行ってもずっと変わらずにいる。そう、統流は思っていた。
 これだから、未来は謎に包まれているのだ。

~翼の生えた少女はもういない。~


「ふう」
 大輔はリュックサックにチャッカマンと発火剤を入れ、一呼吸入れた。
 明日はキャンプで、結婚式ぶりに駿河と会うことになる。そして、最近ずっと会っていなかったが、栄一とも会える。
「栄一クン、元気してるかなぁ」
 彼に会いたい……。その気持ちはひずえにも言えることだ。
「ハッハッハ、何、彼なら元気にしているに決まっている。何せ、俺たちは共に謎部の一員として切磋琢磨してきた身なのだからな」
 そう笑って大輔はひずえの肩をそっと寄せた。
「そうだけどさ、明日ってほら……」
 ひずえの顔が曇る。自然と大輔は強くひずえを抱きしめるが、彼のサングラスに隠された瞳は古い寂しさを映していた。
「もう、昔のことだ。鈴木殿も忘れようとしているのだからな」
 弁が立つ大輔でも、このことばかりはそうフォローするしかなかった。
「そうだねっ! よーし、明日はバリバリ楽しんじゃいましょう!」
 だが、それだけでよかった。
 ひずえはテンションを一気に上げ、即興のキャンプの唄を歌い始めた。美しい声と歌詞のギャップが可笑しく、思わず大輔の頬も緩んでしまった。
 |
 |
「栄一くん、差し入れだよ」
「は、はあ……ありがとうございます」
 大家さんから受け取った灯油ポンプの使い道を考えながらお礼を言った。ここに住み始めて五、六年になるが、未だに大家さんの思考を理解出来ないことが栄一の悩みのタネであった。このタネは一生付きまとうんだろうな、と苦笑いを浮かべつつ大家さんが出ていくのを見送った。
「さて、明日の支度を続けよう」
 と、気合を入れるものの、何から手を付ければいいのか分からない。大輔から「漢ならば、この身一つで十分であるぞ」と言われてしまった。
 テントや飯盒など、キャンプに必要なものは向こうで用意すると言っていたが、彼の性格上何も準備せずに行くことは気が引ける。
(ひずえ先輩の弟たちも来るって言うじゃないか……)
 今まで頼れる存在的な位置にいることは無かったものの、頼れない人間になりたくはない、そう栄一は勝手に思ってしまう。
「そういえば、先輩の弟は高校二年だって言ってたな」
 あの頃は栄一が赤面してしまうくらいバカばかりしていた。だが、そのバカを一つひとつ思い返していくと、本当に懐かしく感じる。
「あの頃はチビだと思ってたけど、もう大きくなったんだな」
 駿河の姿を思い浮かべ、ポソリと独り言を呟いた。
「それじゃあ……ミナトもあのくらいの歳になったのか」
 ミナトに会ったのが四年前。
 そして、四年間一度も会っていなければ、どこにいるのかも、生きているのかでさえ栄一には知る由も無いことであった。
 もしひずえの弟がミナトのことを知っていたら……仲が良くて、キャンプ場でばったり出会う……なんてことがあったらいいのに、なんて妄想をしたあと、ひどく脱力する。
(そんな奇跡があるんならとっくに起こってるよ……)
 栄一はミナトともう一生再会出来るとは思っていないし、会って何がしたいとも思っていない。
 ただ、挨拶もなく別れてしまったことにちょっとした悔いがある程度だ。
 もし会えたとしたら……栄一は何を思って、どうするのだろうか?
 いや、彼に『もし』など無い。彼は諦めを通り越し、会えないことを受け入れてしまっているのだ。
(さて、とりあえず着替えを用意して……)
 そして、栄一はまた、荷造りを始めるのだった。

~なつみかんの季節(仮)~



――君、外国人の友達、いたりしない?

――え? そ、そんなわけないぞ。

――あ、そう……。まあ、いないんならいいんだけど。

――そうなんすか。お、あんな感じの人でいいのか?

 駿河の指したその先には……。


――久しぶりだな、ミズキ。

――クッ、それはオレの台詞だぜ、西條。

――では、決着を付けるとするか。

――クッ、望むところだ、ぜっ!

 二人の関係は一体……?


――あの、詩を書いてるんですか?

――うん。もうずっと書いてなかったけど、書きたくなっちゃった。

――ぼ、僕も書いてるんです!

――そうなんだ。……えっと、名前は?

――葉山です。葉山、海斗。

 海斗と話す、詩を書く少女。


――へへへ、ついに世界征服のときだ。
 そして、動き出す黒幕。


――あとは、任せ、た……ぞ……。

――大佐ぁ、たいさあああああ!!!

 一体、彼らに何が起こったのか?


遥か翼のArchの夏(仮)
二〇一二年春 公開予定

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。