ほえぶる!

ファンタジーやら現代もののエンタメ小説やら紀行文やら書いてます。自転車にも乗る。「文藝サークル~綴~」の中の人、「おにこくらぶ」の中の人、「ドジョウ街道宿場町」の中の人です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、城ヶ崎ユウキです。
お久しぶりに『ノベルゲ作成記』カテゴリの記事です。

えー、城ヶ崎ユウキはここ最近ノベルゲーム『いちじくと夕陽色の夏空(仮)』の作成に忙しいことはご存知かと思います。

それで、そのことなんですが、こちらで色々とありまして、期待していた方々には本当に申し訳ないのですが、
一年かそれ以上の延期をさせていただきます。
受験もそうなんですが、当初から資料の収集が不十分で、とあるルートの世界観がまだ完成しきってないままスタートを切ってしまったことも原因の一つです。
もう少し練って練って、より良い作品にしていきたいな、と思っています。

他にも多々理由はありますが、グダグダになってしまいそうなので。

当分は短編小説を数編書き下ろそうかと思います。
『翼の生えた少女はもういない。』他連載も一年後以降になるかと思います。

もう少し城ヶ崎が成長したら、また執筆作業を再開したいです。
どうせ延期するんなら、皆さんの心をガッチリ掴めるよう邁進していきますので、もし宜しければ生温かく応援してやって下さい。


それから登場人物たちへ、
描ききってやるから、もう少し待っててくれな。


こちらからは以上。
スポンサーサイト
桜咲いてますね。
そういえば、桜の花って先端から咲きはじめるっぽいですね。
もちろん例外ありますが。

満開の桜もいいですが、
きっと古代の風流人は開花宣言寸前の、木が茜色になった辺りが一番なんでしょうね。
その状態で満開の桜を想像する……なんてじれったいんだ! でもそこがいい!

ども、じょがぁです。


6bコバセン色あり


というわけでじょが絵です。
謎部の顧問、小林竹次郎先生です。
生徒からはコバセンと呼ばれ、親しまれております。
いや、慕われているといったほうがいいですかね?

とにかく豪快。それでいて多趣味。
チャイムが鳴った瞬間教室に入り、武勇伝を語り授業を一つ潰すすんげー人。
日本史教師。マッチョマン。


……ちなみに、『いちじくと夕陽色の夏空(仮)』の八ヶ月後に城崎中学校へ転任します。
ええ、物語は繋がっているのですとも。

さておき、本作品には豪快な人がたくさんいますが、
コバセンが一番豪快だと思います。
しかし、登場するところがあるのだろうか……?(おい
それだけが心配です。
ども、じょがぁです。

24.gif

四日間頑張った結果、ルーズリーフ七枚になりました!
これで共通ルートはあらかた完成だぜ!
(まだ所々抜けてるんだけども)

……うん、もう少し書けるはずなんだよ、人間の限界的に。


はむばねさんところを例にするなら、

一日に十七枚とかやっちゃってますからね。

うええ、四日間で68枚だよ……。


ま、じょがぁはクセでルーズリーフの真ん中に
線引いて書くクセがあるんで、多分そいつのせいもあるはず……だぜ!

しかし、これでも量的には共通ルートの1/6というか、
各ルート分岐考えると単純計算で1/24になるというか……。

どこまで長くなるんだ、うちの作品は……。


まあでも、PCで書くよりもルーズリーフで書きやすいですね。
(多分、ニコニコとかそういうストッパーになるもんが少ないんだろうなあ)


まあ、そんなわけで、もう少しミナトの話を深めないとなあ、と思いました。
大変だけど、楽しいね。


……そういえば、そろそろテストなんだっけか?(フラグ
どうも、じょがぁです。

いやぁ、なんというか、あれですね、大変です、色々。



まあ、そんなことはどうでもよろしくて、

22.jpg

伏字多いのは、多分ノリですね。別段ネタバレしちゃってもいいとこなんですが、まあ、はい。

現在四日目正午前ってところですね。
ここら辺まで行くと、来年を視野に入れてやっていかないといけないかもなあ……。

(何だかんだで、β版のテストやって下さる方々の負担を考えると)

まあ、予定よりも短くするって手もあるんですが、
そんなことをやったら英一たちが悲しむと思うんで今ん所はやるつもりねえです。


で、第三回目のラフ画で(Mの証明)人物紹介のコーナーです!


23.jpg

えー、はい、こちらがミナト・フォン・シュヴァルツヴェルトさんじゅうにさいです。

まあ(色んな意味で)年齢と見た目のギャップを出そうとあれこれ考えておりますが、
そんなことよりもこの子は金髪碧眼の美少女さんです。

多分ラフ画の中で一番時間掛けたんじゃないかと思っております^^;

いや、キャラに対する愛情は等しくなんですが、彼女の場合フリルとか髪とかワンピースとか、
とにかく書きにくいものものが揃っているワケで……。

色々参考にしながら描いたんですが、どうっすかね?
漫画家さんすげえな、と。


まあ、そんなわけで、作中のキーガール、ミナト。
背中に背負うそれは何に使うんだい? な感じですが、宜しくお願いします。

iフィルターが迫っている……!
21.jpg

これ、一週間前に書いてたんだぜ……。


はい、健全なじょがぁです。何を考えてるんだい、みんな?

携帯、完全に沈黙(涙)



ノベルゲームの方、現在四日目です。
うーん、ペースが落ちているぜ!

ま、ここら辺は想定内なんで大丈夫っす。


つーわけで、自分の描いたラフ画で(公開処刑)人物紹介のコーナーです!(何)

13.jpg

第二回はこちら、大瀬崎ひずえ先輩!


こ れ が じ ょ が ぁ の 力 だ ! ! !


自分の画力に涙が出るような出来ですが、まあそこらは置いときまして、
ひずえ先輩。英一の所属する謎部の部長さんです。

まあ、城ヶ崎さんの作品を読んでる方(感謝感謝です)ならば馴染みのある苗字でしょうね。

ええ、その通りです。

大瀬崎駿河のお姉ちゃんです。

確か『翼の生えた少女~続~』の最後の方で駿河が言ってましたが、

「お前には言ってなかったが、俺には二十一になるアネキがいるんだ。頭もいいしスマートで、よくオレをいじる奴なんだけど……(略)」

ええ、そうです、そのアネキがひずえ先輩なのです。


実は『翼の生えた少女はもういない。』の
第十七話『翁の瞳の奥底に眠る其方』にもひずえ先輩の描写があったり。

 大瀬崎の家には度々お邪魔をする。(略)ここの風呂にはもれなくアヒルが付いている、ということで気に入ってたりする。ちなみにそのアヒルの尻尾に丸い字で『ひずえ』と油性ペンで記されている。ま、どーでもいい話なんだがな。(略)

先輩、アヒル好きなんですかね……?
それとも、風呂にアヒルがいる、そのシチュエーションが好きなのか……?


ま、そういうことはさておき、とりあえず一言言っておきましょう。

『私はポニーテールが描きたかったんだ』

つーわけで、彼女はポニーテールです。
それでいて背が高いです。主人公と同じくらいな設定。

……二十歳過ぎになる先輩が制服姿ってことは、
時代設定としては先輩が学生時代なのか留年しているかのどっちかなんですかね?

ま、そんなこんなで、元気いっぱいの先輩を宜しくお願いします。



胸のことに関しては前回のお方が怒りそうなので触れないようにしよう。




あと、近々短篇小説を『まそん。』の方で上げたいと思う。
そちらは我が文芸同好会の催し物です、はい。
(即興作品です、ええ)


てなわけで、Read More...でコメント返信です^^

⇒続きを読む

じょがぁへのお便りは
  こちらからどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。